Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

東京都 東京都立城南職業能力開発センター

 

木工技術

期間 対象 課程 入校時期
1年 概ね30以下 普通(授業料等有料) 4月

来たれ若者 目指せ家具職人

近年の経済成長にともなって、我が国も生活の質を良くしようという機運が高まっています。家庭においては、家具にもその影響が表れ、高級家具の需要も多くなっています。木工業界でも、今までの技術をふまえ最近の技術革新にも対応できる技術者が求められています。
当科では、主として木材を使用し、一般家庭で使用されている洋家具類を製作します。机、たんす、戸棚等の設計図の作成や図面の読み方、木材の性質、木工機械の扱い方、部材の加工、組立、仕上げまで、家具技術者に必要な知識と技術を習得することが出来ます。

科目の特徴

  • 経験豊富なスタッフが家具製作技術を直接指導
  • 伝統と実績があなたの就職をサポートします
  • 2級技能検定試験受験の近道

授業風景

授業風景 授業風景 授業風景


取得可能な資格

修了時に取得できる 技能士補[国:家具製作]
(※技能照査合格者)
受験資格が取得できる 木材加工用機械作業主任者技能講習受講資格
(※修了後実務経験2年要)

主な就職先

  • 家具製造業
  • 建具製造業
  • 住宅・店舗内の装業
  • 家具の修理・販売

訓練教科目

【訓練時間:1,600時限】

区分教科目名標準時限数訓練内容

生産工学概論 24 生産、作業、品質管理、運搬管理、原価計算、見積、設備
材料 48 木材の組織、乾燥、木取り、木質材料、竹材、籐材、金属材料、その他材料
木工用機械 48 木工機械の種類用途、機械工作法、電気機器、電動工具、NCルータ
製図 40 製図の基礎知識、製図用具の取り扱い、製図通則、CAD
木材加工法 56 木工具の名称・構造・規格、緊結・圧締工具、接着剤、加工工作
安全衛生 24 安全及び労働衛生、安全衛生管理、関係法規、環境教育、応急処置
木工品 36 木材製品の概要、家具のデザイン・歴史、建具
工作法 56 加飾工作法、人口板の工作法、曲げ木、製品工作法、いす張り
塗装法 24 塗料、着色剤、目止め剤、研磨剤、塗装用機器、木材塗装法
仕様及び積算 12 仕様、仕様書、積算、見積
総合演習 20 各学科の総合的演習問題、技能照査学科

器工具使用法 56

器工具の使用法及び調整法、姿勢、調整、研ぎ、修正・調整

機械操作基本実習 104 機械の取扱い及び機械加工、機械刃物研削調整、精度検査、電動工具
工作基本実習 96 木取り、木作り、墨付け、接合及び継手、緊結方法、接着方法
塗装基本実習 36 塗装用器工具使用法、各種塗料の調合方法取扱、刷毛、スプレーガン
安全衛生作業法 24 安全衛生作業法、保護具、整理整頓
設計実習 136 木工品のデザイン、設計、製図、製作図面作成
乾燥実習 24 さん積、乾燥実習、人工乾燥、天然乾燥
塗装実習 36 木工塗装実習、工芸塗装実習、オイル仕上げ
組立及び仕上げ実習 60 各種仕口の総合組合わせ、素地調整、組立補助具による工作、圧締
木工品製作実習 140 製品製作実習、部品製作、総合組立、調整、塗装、金具付け、検査
就業基礎 12 自己紹介、服装、就職活動資料、社内文書、説明用資料作成
NC加工実習 48

プロセスシート、NC加工プログラミング、CAD・CAM、NC加工

応用実習 320 脚物・板物・練物家具、戸・扉・引出・棚・重ね、金物・ガラス付け、塗装
総合演習作業 20 各実技の総合的実技演習、技能照査実技

参考リンク

東京都産業労働局農林水産部ホームページ
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/nourin/