建築関連業界ではコンピューターを利用して図面を描くCADが一般的になり、建築に関する知識とCADの操作ができる人材が求められています。 建築CAD科では、建築製図に必要な学科と実技基礎知識とCAD操作を学び、住宅の設計や建築関連の図面作成に関する知識と技能を習得することができます。