働く女性の活躍支援

不妊治療と仕事の両立支援に取り組む企業を後押しします!

現在、日本の夫婦5.5組に1組が、不妊検査・治療を経験しており、その割合は年々増加しています。
また、その9割の方が治療と仕事の両立が困難と感じ、やむを得ず退職したり治療を諦めざるを得ない状況にあります。
東京都では、不妊治療と仕事を両立できる職場づくりを進めるため、企業の取組を後押しする「働く人のチャイルドプランサポート事業」を実施します。

主に、以下の3つの支援メニューをご用意しています!
メニューをクリックすると、該当箇所に移動します。

<1>働く人のチャイルドプランサポート制度整備奨励金の支給 ※令和元年度の奨励金エントリーは終了しました。

<2>不妊治療と仕事の両立に関する研修の実施 ※お申込み受付中!

<3>不妊治療と仕事の両立推進シンポジウムの開催 ※令和元年度のシンポジウムは終了しました。


<1>働く人のチャイルドプランサポート制度整備奨励金

従業員が不妊治療と仕事を両立できるよう、両立支援奨励金を支給により相談体制や休暇制度を整備する企業に、「働く人のチャイルドプランサポート制度整備奨励金」を支給します。

◆確認したい項目をクリックすると、該当の内容が表示されます。
【1】奨励事業
【2】対象事業者要件
【3】事業の流れ
【4】事前エントリー
【5】募集要項・各種様式等
参考)平成30年度奨励金交付企業一覧



【1】奨励事業

所定の事業実施期間内に以下のアのみ、もしくはア・イ両方を実施した企業に奨励金を支給します。
 ア 不妊治療休暇制度等整備事業(以下の取組事項1、2、4を実施) 30万円
 イ 不妊治療のためのテレワーク制度整備事業(以下の取組事項3を実施) 10万円

※詳細は募集要項をご確認ください。

 取組事項内容
1 不妊治療と仕事の両立に関する社内相談体制の整備 都内に勤務する常時雇用する労働者2人以上(原則として男性1人以上、女性1人以上とする)を選出し、不妊治療と仕事の両立に関する社内相談員として任命すること。
※社内相談員となるためには、不妊治療と仕事の両立に関する研修を受講する必要があります
→研修についての詳細はこちら
2 不妊治療休暇制度または不妊治療休業制度の整備 不妊治療休暇制度等を新たに整備し、就業規則または当該規則に連携する規程に定め事業所を管轄する労働基準監督署に届出を行うこと。
3 不妊治療のためのテレワーク制度の整備 不妊治療のためのテレワーク制度を新たに整備し、就業規則または当該規則に連携する規程に定め、事業所を管轄する労働基準監督署に届出を行うこと。
4 社内説明会の実施 都内に勤務する従業員に対し、次の①~③を実施すること。
① 上記1で整備した社内相談体制の内容を説明
② 上記2、3で定めた制度の内容を説明
③ 説明会後に理解度チェックを実施



【2】対象事業者要件

〇都内で事業を営んでいる企業等であること
〇都内に勤務する常時雇用する労働者を2人以上、かつ6ヶ月以上継続して雇用していること
〇不妊治療休暇制度、不妊治療休業制度、不妊治療のためのテレワーク制度等が就業規則または当該規則に連携する規程に明文化されていないこと

※その他要件あり
 奨励金の対象事業者要件は、すべて満たす必要があります。詳細は募集要項をご確認ください。


【3】事業の流れ

事業の流れ

※1~5まで終了後、都から奨励金を支給します。



【4】事前エントリー ※令和元年度の奨励金エントリーは終了しました。

事前エントリー受付期間

 事前エントリー受付期間
※令和元年度の奨励金エントリーは終了しました。
予定数
前期申込 令和元年 6月28日(金)~7月 5日(金) 100社
後期申込 令和元年 9月13日(金)~9月20日(金) 50社

事前エントリーに関する注意事項

(1)事前エントリーは先着順ではありません。
(2)事前エントリーに申込後、直ちに申請ができるわけではありません。
 予定数を上回る申込があった場合には抽選を行い、申請可能企業を決定します。
(3)申請可能企業確定のご連絡は、受付日から1週間以内に、エントリーの際に入力いただいたEメールアドレス宛てに行います。
 当落にかかわらず、また、抽選を行わなかった場合でも、必ず連絡します。
 受信拒否機能などを設定している場合は、S0000444@section.metro.tokyo.jpからのメールを受信できるよう設定を変更しておいてください。
 エントリー受付日終了後1週間経過しても連額がない場合は、企業の担当者が直接お問い合わせください。
(4)事前エントリーは、募集要項の対象事業者要件に該当することを確認の上、必ず企業の担当者が行ってください。(代理人によるエントリーはできません。)
(5)予定数に満たない場合、追加で受付を行う場合があります。
 追加受付を行う場合は、このページでご案内します。
(6)1回のエントリー内では、1社当たり1回限りしかエントリーできません。
 また、同一のEメールアドレスでの重複エントリーはできません。
 重複エントリーが判明した場合は、エントリーの申込受付番号が早いもので受付・抽選を行います。
(7)1代表者につき、エントリーは1回までとなります。
 企業等の代表者が複数企業の代表者を務められている場合は、そのうち1社を選択してエントリーしてください。
 代表者が複数名いる場合、そのうちどなたか1名がすでに他社の代表者として申請を行っている場合もエントリーできません。



【5】募集要項・各種様式等

募集要項

以下をクリックしてダウンロードしてください。

募集要項(PDF形式)

※募集要項の内容(P7「③書類提出期限」)に誤りがあり、令和元年6月7日に差し替えを行いました。
 恐れ入りますが、6月7日以前にダウンロードされた方は、
 再度ダウンロードの上ご確認をお願いいたします。
※以下に掲載しております「よくあるお問い合わせ」及び「就業規則に関するチェックリスト」を
 ご確認の上で書類のご準備をお願いいたします。


なお、募集要項・主要な様式の記入例等がセットになった「申請の手引き」は、
以下よりダウンロードできます。

申請の手引き(PDF形式)



よくあるお問い合わせ

※必ずこちらをお読みいただいてから、提出書類のご準備をお願いいたします。

よくあるお問い合わせ(PDF形式)




就業規則に関するチェックリスト

※就業規則に本事業に係る制度を新たに整備する際、奨励の対象となる要件があります。
 必ずこちらをお読みいただいてから制度導入を行ってください。

就業規則に関するチェックリスト(PDF形式)



各種様式

(1)奨励金の申請(交付申請)の様式

提出書類様式
※【 】内はチェックリスト上の番号 
様式記入例
Excelまたは
Wordファイル
PDFファイル
申請時提出チェックリスト Excel  PDF  記入例 
【1】事業計画書兼交付申請書
(様式第1号)
Word PDF  記入例 
【2】誓約書(様式第2号) Word  PDF  記入例 
【7】事業所一覧 Word  PDF  記入例 
【13】委任状 Word  PDF  記入例

(2)実績報告の様式

提出書類様式
※【 】内はチェックリスト上の番号 
様式記入例
Wordまたは
Excelファイル
PDFファイル
実績報告時提出チェックリスト Excel  PDF  記入例 
【1】実績報告書(様式第6号) Word  PDF  記入例 
【5】理解度チェックリストの集計
(参考様式)※1
Excel  ー  記入例 
【6】事業所一覧 Word  PDF  記入例 
【8】支払金口座情報登録依頼書
(新規登録)※2
―  PDF  記入例 
【10】委任状 Word  PDF  記入例 

※1
社内説明会参加者が実施する理解度チェックのリストの参考様式は、以下「(4)その他の様式」に掲載しています。

※2
「新規登録」の記入例を掲載しています。登録情報の「変更」を行う場合の記入例は、以下「(4)その他の様式」に掲載しています。

(3)奨励金請求の様式

 様式記入例
WordファイルPDFファイル
奨励金請求書(様式第8号) Word  PDF  記入例 

(4)その他様式

 様式記入例
WordファイルPDFファイル
理解度チェックリスト<社員チェック用> Excel ー  記入例 
支払金口座情報登録依頼書(変更) PDF  記入例 
変更承認申請書(様式第4号) Word  PDF  記入例 
交付申請撤回届出書(様式第5号) Word PDF  記入例 



(参考)平成30年度奨励金交付企業一覧

平成30年度に本奨励金を活用して制度整備を行った企業の一覧を掲載しています。

平成30年度奨励金交付企業一覧(PDF形式)





<2>不妊治療と仕事の両立を支援する
「不妊治療と仕事の両立に関する研修」の実施

不妊治療に関する基礎的な知識、両立に必要な人事労務上のポイントなど、従業員が働きながら治療をするための知識を習得できる研修です。

対象者

・都内企業の経営者、人事労務担当者等(※1)
・不妊治療と仕事の両立に関する社内相談員となる方(※2)
※1 奨励金申請企業以外でも、本テーマに関心のある企業様にも受講いただけます。
※2 奨励金を申請する企業は、相談員として任命予定の従業員が該当する奨励事業実施期間内に本研修を受講することが、
奨励金支給の必須条件となります。


受講時期

<奨励金前期申込企業> 令和元年9月から令和元年11月(第1回~第6回)までの間に受講
<奨励金後期申込企業> 令和元年11月から令和2年1月(第5回~第8回)までの間に受講

※理由の如何を問わず、開始時刻(14:00)までに会場での受付に間に合わなかった場合、途中退席した場合には、奨励金支給要件である研修受講とは認められません。奨励事業実施期間内の別の回に再度お申込みの上受講いただければ奨励金の研修受講の要件に該当しますが、定員に達している回には申し込めなくなりますので、早めの回でお申込み・受講をおすすめいたします。

対象企業開催回開催日時会場
奨励金前期
申請
企業
  第1回 2019年
9月17日(火)
14:00~16:00
(開場13:30)
ワイム貸会議室 お茶の水 RoomB
(千代田区神田駿河台2-1-20
お茶の水ユニオンビル4階)
第2回 2019年
9月26日(木)
14:00~16:00
(開場13:30)
一般財団法人 三多摩労働会館 大会議室
(立川市曙町2-15-20)
第3回 2019年
10月23日(水)
14:00~16:00
(開場13:30)
アリアル会議室 NANNEX A会場
(品川区西五反田1-3-8五反田御幸ビル2階)
第4回 2019年
10月31日(木)
14:00~16:00
(開場13:30)
銀座ユニーク貸会議室 G301
(中央区銀座5-14-6橋ビルⅡ2階)
奨励金後期
申請
企業
第5回 2019年
11月5日(火)
14:00~16:00
(開場13:30)
リロの会議室 新宿プリンス roomC
(新宿区西新宿1-4-1新宿プリンスビル8階)
第6回 2019年
11月28日(木)
14:00~16:00
(開場13:30)
一般財団法人 三多摩労働会館 大会議室
(立川市曙町2-15-20)
  第7回 2019年
12月19日(木)
14:00~16:00
(開場13:30)
アットビジネスセンター池袋駅前別館 705号室
(豊島区東池袋1-6-4伊藤ビル7階)
第8回 2020年
1月24日(金)
14:00~16:00
(開場13:30)
リロの会議室 コンフォート水道橋 roomC
(千代田区神田三崎町2-7-10 帝都三崎町ビル2階)



定員

各回50名(先着順・事前申込制)
※定員に達し次第、申込締切となります。



お申込み

現在、第2~6回の研修について、お申込みを受け付けています。※先着順
下記「研修申込・受講に関する注意事項」を必ずご確認の上で、お申し込みください。


研修申込用ホームページへ



研修申込・受講に関する注意事項 ※必ずご確認ください。

・研修参加者ご本人がお申し込みください。
・奨励金申請企業は、交付申請時に「雇用保険被保険者資格取得等確認通知書」及び「労働契約書または労働条件通知書」を提出した従業員2名が本研修を受講することが必要です。
・研修当日、ご本人確認のため、顔写真付き身分証明書(運転免許証、パスポート等)をご提示いただきます。顔写真付き身分証明書をお持ちでない場合は、お名前を確認できる公的証明書2種類にて確認いたします。ご本人確認ができない場合は、奨励金の支給要件である「受講完了」の扱いとはなりません。
・研修当日、受講証明書はお渡ししておりません。








<3>不妊治療と仕事の両立推進シンポジウムの開催

令和元年度のシンポジウムは終了いたしました。
たくさんのお申込みありがとうございました

概要

開催日時 令和元年6月26日(水) 13:30~16:30(開場13:00)
会場 渋谷ストリームホール
住所:東京都渋谷区渋谷3-21-3(渋谷駅 16b出口直結)
定員 300名(先着順・事前申込制)
※定員になり次第、締切となります。
申込方法 お申込み方法」をご参照ください。
プログラム内容

基調講演
(13:35~14:30)

防げ!突然の不妊退職
企業が知っておきたいこと

講師:
・NPO法人Fine
 理事長 松本 亜樹子 氏
パネルディスカッション
(14:45~16:20)

不妊治療の概要・企業の取組事例紹介

パネリスト:
・北里大学病院 看護部 周産母子成育医療センター
 遊佐 浩子 氏

・株式会社サイバーエージェント
 人事本部 田村 有樹子 氏

・株式会社ティーガイア
 人事・総務部 担当部長
 ダイバーシティ&インクルージョン推進チームリーダー 山口 由貴子 氏

・日本経済新聞社経済解説部
 編集委員 石塚 由紀夫 氏

ファシリテーター:
・NPO法人Fine
 理事長 松本 亜樹子 氏

★小池都知事のビデオメッセージも放映します!!!★


チラシのダウンロードはこちら

チラシ

ダウンロード(PDF形式)

お申込み方法

お申込みは締め切りました。

講師等プロフィール

NPO法人 Fine
理事長
松本 亜樹子 氏
2004年
NPO法人Fine活動開始
設立当初から、「現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会」とし、
"不妊"が"特別"なことでなく、"普通に話せる"社会を目指して活動

2016年
「平成28年度東京都女性活躍大賞優秀賞」受賞

2018年
「平成30年度内閣府女性チャレンジ支援賞」受賞、を受賞。
「不妊ピア・カウンセラー養成講座」や「医療施設の認定審査」、
「不妊治療の経済的負担軽減のための国会請願」など、日本初のさまざまな活動を実施。
また患者の体験を踏まえた講演・講義や、患者のニーズを広く集める調査を継続的に
実施、広報するなど、不妊や妊活の啓発に努めている。
北里大学病院
看護部
周産母子成育医療センター
遊佐 浩子 氏
1991年3月
北里大学看護学部を卒業

2010年3月
北里大学大学院看護学研究科卒業、看護学修士号取得

2012年4月~
周産母子成育医療センター(産科病棟)勤務、現在に至る

2016年6月
聖路加国際大学教育センター 認定看護師教育課程
不妊症看護コースへ勤務を続けながら進学

2017年2月
認定看護師教育課程 不妊症看護コース終了

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
労働環境課 雇用環境整備推進担当
電話:03-5320-4645