Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center


トップ > 入校案内 > 科目案内 > ビル管理科

ビル管理科

期間
6ヶ月
対象
概ね50歳以上
課程
短期(授業料等無料)
入校時期
4・10月
昼夜

この科の概要

6ヶ月コース

 中高層のビルのほとんどは、その維持管理をビル管理会社が行なっています。
また、ビルにはビル内で活動する多数の人々に安全で快適な生活環境を作り出すため、冷暖房・電気・給排水・防災等の諸設備が設置されています。これらの設備全般について安全な保守管理を行なうのがビル管理マンの仕事です。ビル管理科では、これらの設備全般についての運転・調整・整備の実習とあわせ、周辺機器を含めた幅広いビル設備全般の保守管理技能と知識を習得することができます。
科目案内

buill_page0001.jpg

修了生の声

 資格試験と実習レポートの作成、次から次へと新たな知識と技能の習得の毎日でした。気がついてみたら6ヶ月が過ぎておりました。その後は就職も決まりと訓練が100%役に立っております。感謝の気持ちでいっぱいです。

教科目の内容

【訓練時間:800時限】

 

教科目科目の内容時限数
学科

および

実技
 安全衛生  職場の労働安全衛生・環境マネジメントシステム  10
 安全衛生作業  安全衛生管理  8
 建築物総合管理  ビルの必要性、管理方法、構造、環境維持、パソコンに関する知識と技能  80
 熱源関連設備保守管理  冷凍機・ボイラの運転・管理に関する知識と技能及び空気調和機、空調設備総合管理に必要な知識と技能  270
 水関連設備保守管理  給水設備・排水設備・衛生設備・消火設備等の管理に必要な知識と技能  124
 電気関連設備保守管理  電灯・動力・受電設備・シーケンス装置の管理に必要な知識と技能  248
 

資格・就職先

取得できる資格

・ボイラー実技講習修了証

関連資格

・2級ボイラー技士(受験資格)
・第二種電気工事士
・第三種冷凍機器責任者

修了後の就職先・職種

・ビル管理会社 など

 

授業風景

 

building.jpg

kakomon.png qanda.png

kengakukai.png

 

▲ページのトップへ