Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

トップ > 入校案内 > 科目案内 > 自動車車体整備科

自動車車体整備科

期間
2年
対象
概ね30歳以下
課程
普通(授業料等有料)
入校時期
4月
昼夜









 自動車車体整備科では、1年次に自動車のエンジン、ブレーキ、電気装置等の自動車の基礎的な構造や整備方法等について習得し、国家三級自動車整備士資格を取得します。

 2年次は、自動車の骨格(フレーム)や外板(パネル)を修復する板金や、塗装等について習得し、自動車車体整備士資格を取得します。その他、ハイブリッド車に関する基礎的知識や外部診断機を用いた故障診断、エアブラシによるカスタムペイント等も習得します。

 現在、国内では約8000万台の自動車が稼働しています。自動車整備士は、適切な点検・整備によって、安全・安心や地球環境を守り、社会に貢献する職業です。






      ●その他、訓練科目の一覧はこちらをご覧ください。








 ●技能士補(技能照査合格者) 
 ●自動車車体整備士(実技試験免除)
 ●三級自動車整備士(実技試験免除)
 ●ガス溶接技能講習修了証
 ●アーク溶接特別教育修了証









  ●自動車車体整備士(板金、塗装)
  ●自動車整備士(点検、車検、一般整備)












  ◇主な就職先◇

   □自動車メーカー系販売会社(ディーラー)
   □一般修理工場
   □運送業者や旅客業者の自社整備工場
   □カー用品店

  ◇平成28年度実績◇
   就職率:100%(病気療養者を除く)

  ◇自己負担額◇
   □入校選考料:1,700円
   □授業料(年間):118,800円
   □教科書代:約30,000円(2年間)
   □作業服代:約10,000円
   □その他、職業訓練生総合保険等
   (金額は変更する場合があります。)


▲ページのトップへ