Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

東京都 東京都立城南職業能力開発センター

 

設備保全

期間 対象 課程 入校時期
6ヶ月 概ね50歳以上 短期(授業料等無料) 4・10月

建物を利用する人々へ安心と安全を提供するスペシャリストへ!

 近年、建築物の新設や更新において、技術進歩はめざましいものがあり、特に都心部で建物の大規模化や高速化が進んでいます。それにともない諸設備が高性能化して維持管理する人間には高い技術・技能を求められるようになってきました。当科ではビルを管理する上で必要不可欠な防災・消防設備、空気調和設備、給排水設備、電気設備等の基本的な知識および保守メンテナンス技術を学び、さらに中央監視盤による総合的な監視業務等を学習します。

科目の特徴

  • 設備保全に関する幅広いカリキュラム
  • 充実した資格取得支援体制
  • 設備見学等の実施

授業風景

授業風景授業風景授業風景

取得可能な資格

関連資格(いずれも受験対策)

第二種電気工事士 第三種冷凍機械責任者 
消防設備士(乙種第4類) 自衛消防技術認定証

主な就職先

  • ビル管理会社
  • 防災・防犯設備会社
  • 中・大規模商業施設 など

訓練教科目

【訓練時間:800時限】

区分教科目名標準時限数訓練内容
安全衛生 20 安全管理、衛生管理、環境マネジメントシステム
パソコン基礎 24 文書作成(ワード)、表計算(エクセル)などの基礎
消防設備 156 消防関係法規に関する知識及び水系消火設備、火災報知機、自衛消防技術に必要な知識、技能
防犯設備 36 防犯設備の仕組み、保全に必要な知識、技能
水関連設備 84 給水・排水・衛生設備の保全に必要な知識、技能
空調関連設備 132 空気調和設備、冷凍機の保全に必要な知識、技能
電気関連設備 108 電気の基礎理論から機器の知識、配線図の読み方、電線接続や器具取付けなどの電気工事作業
自動制御作業 24 設備機器を自動制御するための配線作業や操作
測定試験総合作業 60 各種測定機器に必要な知識、技能
設備総合 96 各種設備の保全に関する総合演習、作業

▲ページのトップへ