TOKYOはたらくネット

労働セミナー

平成30年度 労働者向けセミナー

AIが雇用に与える影響
〜「雇用の未来」とその時に「求められる働き方・能力」〜

 人口知能(AI)がより一層普及すると、今ある仕事の多くを奪ってしまうのではないか、あるいは逆に、AIによって仕事が生まれ、結果として雇用者数は純増するのではないか等、多岐に渡る議論が繰り広げられています。
 そこで本セミナーでは、多くの議論を踏まえ、概ね20年先までの「雇用の未来」と、その時に労働者に「求められる働き方・能力」について解説します。

開催日時 テーマ 講師
7月10日(火曜日)
 18時30分〜20時30分
AIで変わる「雇用の未来」
・AIでどんな仕事が無くなるのか
・AIでどんな仕事が生まれるのか
経済産業研究所 上席研究員
 岩本 晃一 氏
7月13日(金曜日)
 18時30分〜20時30分
AI時代に「求められる働き方・能力」
・一歩先を行くドイツに学ぶ
・機械に置き換えられない能力とは何か
経済産業研究所 上席研究員
 岩本 晃一 氏

会場

東京都南部労政会館(大崎)
第5・第6会議室
品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー2F
※会場案内図はこちらをクリック

 

受講料

無料

 

対象

労働者、テーマに関心のある方

 

定員

100名
※定員に達した時点で、受付を終了させて頂きます。ご了承ください。

 

申込方法

定員に達したため受付を終了しました。

定員に達したため受付は終了しました

 

申込先

東京都労働相談情報センター大崎事務所 事業普及担当
電話:03-3495-4872
FAX:03-3495-4916