Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

トップ > 東障校特集記事 > 「技能・文化祭」について

「技能・文化祭」について

毎年11月第2土曜日に技能・文化祭を開催しています。

校門入口「わたしたちの技能・文化祭」                              

東京障害者職業能力開発校では、毎年11月の第二土曜日に「技能・文化祭」を開催しています。

これは、日頃培った訓練の成果や技能を、地域の皆様等に幅広く知っていただくためのものです。

毎年、多くの来場者の方に恵まれ、大変な盛り上がりとなっています。

以下では、これまでの写真を交えて、「技能・文化祭」の状況をご案内します。

 


 生徒作品の展示 

 

 当日は、生徒が作成した作品を数多く展示します。どの作品にも、日頃の訓練の成果が詰まっており、大変すばらしいものです。※以下の写真は過去の取組の例を紹介しています。

スキルワーク科(製品塗装コース)作品       スキルワーク科「製品塗装コース」が制作した作品です。

 

 

工作教室

 工作教室とは、実際に作業をしていただき、作品の制作体験をしていただくもので、「技能・文化祭」目玉の一つです。※以下の写真は過去の取組の例を紹介しています。

スキルワーク科「塗り箸」      スキルワーク科の製品塗装コースが担当した「塗り箸の制作」です。意外に難しく、上手にできる人とそうではない人の作業の違いが作品に出てしまうものです。それでも皆さん一生懸命真剣に作業に取り組まれ満足していただいております。
ビジネス養成科「布バックデザインプリント」の作成 「布バックデザインプリント」を作成しています。お客様が選んだデザインをバックにアイロンでプリントアウトするものです。列ができることもあります。

 

その他

実務作業科「綿菓子」       ご興味がある方は、毎年11月の第2土曜日に開催しておりますので、ぜひ一度ご来場ください。ここでは紹介しきれませんが、そのほかにも様々な催し物を数多く開催しました。多くの方のご来場をお待ちしております。

トップページへ