Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

トップ > 大田校だより > 平成29年度技能祭

平成29年度技能祭

平成29年11月3日、大田校にて技能祭を開催しました。
都立職業能力開発センターでは、地域との交流を深め、職業訓練で製作した作品の展示やものづくり体験などを通じて、都民の皆様に技術や技能の魅力をお伝えするため、毎年11月に技能祭を開催しています。

当日は天候にも恵まれ、830人を超えるお客様に来場していただきました。

 

今年は「南国」をテーマに、広告美術科の生徒が入場門やディスプレイを制作し、校内を装飾しました。

 

開会式では、大田校長から来場者を歓迎する挨拶がありました。
またオープンセレモニーとして、つばさ総合高校ダンス部によるダンスが披露されました。

  

エンジニア養成科【ハンドスピナー製作】

 

エンジニア養成科【小物(時計、万華鏡、ペン立て、メモホルダ―)製作】

 

金型加工科【プチ地球儀製作】

 

3DCAD・CAM科【アクリルキーホルダー製作】

 

板金溶接科【金属キーホルダー製作】

 

【ドローン空撮映像体験】

 

【ミニ電車乗車体験】

 

【ものづくり企業の製品展示】

 

福祉調理科【給食試食会】

 

広告美術科【シルクスクリーンによるエコバック製作】

 

広告美術科【生徒作品展示】

 

【苗木プレゼントコーナー】

 

【おしるこ・ポップコーン販売】

 

【起震車体験】

 

職員、生徒、関係者がみな一丸となって、取り組んだ今回の技能祭。

お客様は近所からの来場者が多く、大田校が地元に密着していて、地元からの好意、期待に支えられているのだということを強く感じました。

 

ご協力いただきました皆様には、深く感謝いたします。誠にありがとうございました。