Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

トップ > 入校案内 > 科目案内 > 電気設備管理

電気設備管理

期間
6ヶ月
対象
求職中または転職を希望する方
課程
短期(授業料無料)
入校時期
4・7・10・1月
昼夜
訓練風景1 訓練風景2
【受変電設備】
ビル等で設置されているものと同等のものを使用しております。電力会社から送られてくる
高圧電気を、施設で日常使用している低圧電気に変換する装置です。
操作・管理方法を実習を通して学んでいきます。
訓練風景3
【耐圧試験】
こちらは、受変電設備の定期点検の一つです。
高圧に耐えられるように、一定時間高圧電気を送って検査する試験です。
訓練風景5 訓練風景4 訓練風景6
この実習は、測定器の扱い方を学ぶ実習です。習得することで、就職した後に役立ちます。
共同作業を行っていくことで、チームワークの大切さも学べます。

訓練科の概要

 都市街にある大きなビル群。ビルが何かの支障も無く稼動するためには、設備を維持・管理する必要があります。当科では、ビルを維持するために必要な受変電設備の取扱いから、空気調和装置、熱源設備等の設備管理に関する技能を学びます。電気に関して、全く知識のない方でも大丈夫! 入校後は全て基礎から授業を行います。

就ける仕事

ビル設備管理技術者

大半の修了生がビル等、建築物全般の電気設備・空調設備・熱源設備・給排水設備等の設備管理職として就職します。色々な資格を取得することが重要です。

病院・ホテルの設備管理技術者

仕事内容は変わりませんが、病院・ホテルは直接お客様と対応しますので、高度なマナーが要求されます。資格の重要性は同じです。

工場の設備管理技術者

主に製造業の生産現場の設備管理です。資格の重要性は同じですが、より高度な知識が要求されます。

仕事に就いた後

先輩の言葉

設備管理の業界は、資格を取得することが重要です。優しいものから難しいものまで沢山の資格がありますが、計画を立てて一つずつ確実に取得することです。経験を積んで資格を取れば給与も上がります。仕事をしながらの勉強ですから辛いこともありますが、自分のことだと思い頑張って欲しいと思います。今日の自分があるのは、技術専門校へ通い資格を取得して就職ができたからだと考えています。

取得できる資格等

取得を目指す資格:第二種電気工事士、第三種冷凍機械責任者、二級ボイラー技士、危険物取扱者乙種4類
取得できる修了証:高圧・特別高圧取扱い特別教育修了証
         ボイラー実技講習修了証

主な訓練内容

①電気の知識のない方でも基礎から学習し、第二種電気工事士の取得ができるように訓練を実施します。
②自動制御に必要なシーケンス制御の知識技術を習得します。
③熱設備(ボイラー・冷凍機等)の動作の概要を知り、運転管理ができるようになります。
④建築付帯設備(給排水・衛生設備等)の概要を知ることができます。
 

訓練内容

【800時限】

区分 教科目名 標準
時限数
訓練内容
学科及び実技 安全衛生、安全衛生作業 16 安全作業法、作業衛生、ゴミ分別と環境
電気の基礎 156 直流理論、交流理論、電気機器、電気応用、関連法規
低圧電気設備の保守管理 168 幹線、配電盤、動力、照明、弱電設備の保守管理作業
受変電設備の保守管理 96 高圧受変電設備の保守管理作業
熱源設備の保守管理 110 冷暖房、ボイラー設備の保守管理
給排水設備の保守管理 36 給水・排水設備、建築付帯設備の保守管理作業
自動制御 158 シーケンス制御の基礎作業
その他 60 社会、体育

主な就職先

ビル管理会社、病院、ホテル、工場等

就職情報

(電気設備管理科)
就職情報
平成27年度実績

就職率 92%
求人倍率
(訓練定員に対する求人)
3.7倍
会社規模 大半が301人以上
初任給 20万円程度、経験を積み、資格を取得
(電験三種等)すると上昇

自己負担額(参考:金額は変更する場合があります。)

教科書代約16,500円
作業服代約6,000円
その他、事故等に備える災害保険等の自己負担が生じる場合があります。

業界団体リンク

本科の求人等でご協力いただいている団体のリンクです。

(外部リンクとなっております。東京都の管轄部署ではございません。)

東京ビルメンテナンス協会