Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

東京都 東京都立城南職業能力開発センター

 

実務作業

期間 対象 課程 入校時期
1年 知的障害者向 障害者の科目 4月
「今年度、訓練基準等の見直し作業を進めています。平成29年度の訓練内容や訓練時限数については、一部変更される予定です。」
◇訓練科の概要◇
社会人として就職するために必要な心がまえ・労働習慣・体力および集団への適応能力などを学びます。清掃作業や事務補助、パソコンなど就業の基礎となる訓練を通して、職場における最低限必要な技能を付与し、多様な仕事に適応できる力を高めます。 さらに、個人の能力と適性にあわせて、「ワークアシスト」の分野の訓練内容を準備しています。
 就職はハローワーク(公共職業安定所)と連携してあっせんをします。
◇訓練教科目の内容◇
(下記のカリキュラムの時限数は都の基準時限数です。実際の訓練時限は多少の増減がある場合があります。)
◇主な訓練内容◇【訓練時間:1,600時限】
区分 教科目名 標準
時限数
訓 練 内 容
学 科 及 び 実 技 社会・安全衛生 68 ホームルーム、労働安全衛法
安全衛生作業 26 防災訓練など
体力づくり 140 基礎体力養成、各種競技など
社会生活 128 社会適応、職場適応訓練
パソコン作業 124 パソコン基礎、ワープロ、表計算など
事務補助 132 事務文書処理、伝票処理など
グループワーク 110 集団適応、分担・共同作業など
業務基本作業 208 基礎体力、清掃基礎作業
選択実技基礎作業 128 数・数量・寸法の理解や各種共同作業
選択実技基本作業 536 販売補助、店舗内補助作業など

     ◇主な就職先◇
  ・大手特例子会社(製造業、運輸業、情報通信業など)
  ・一般企業(製造業、卸小売業、サービスなど)
◇自己負担額(参考)◇
  ・作業服代 約5,000円,職業訓練総合保険 約5,000円

▲ページのトップへ