Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

トップ > 入校案内 > 科目案内 > 実務作業科

実務作業科

期間
1年
対象
軽度の知的障がいの方
課程
障がい者(授業料無料)
入校時期
4月
昼夜










 軽度の知的障がいのある方を対象に、就労に必要な『心がまえ』、『労働習慣』、『体力』および『集団への適応能力』などを学びます。実技を中心としたカリキュラムを通じて、職場で必要とされる技術・技能を付与し、多様な仕事に適応できる能力を培います。

 特に、ワークアシスト作業の分野(例えば、『シュレッダー掛け作業』や『郵便物の仕分け作業』といったオフィス内作業の補助業務など)の訓練に力を入れ、生徒の能力と適性を考慮した実践的な職業訓練を行っています。









      ●その他、訓練科目の一覧はこちらをご覧ください。









 就職にあたっては、履歴書の書き方から企業面接まで指導します。また、職場実習や、就職後の職場定着まできめ細かくフォローします。








 応募にあたっては、療育手帳(愛の手帳、みどりの手帳など)か、障害者職業訓練センター等が発行する知的障がい者と認める判定書が必要です。

  ☆その他
  1, (軽度の知的障がい者の方で)職業的自立が見込まれる方
  2, 1日8時間(1時限あたり45分の授業を8コマ)の訓練を継続して受けられる方
  3, 集団生活に適応できる方
  4, ひとりで通校できる方

  ※見学は随時受け付けております。(実務作業科 直通電話:03-3966-1290 まで)









  ◇主な就職先◇
  □特例子会社、食品サービス業、商業的サービス業、物流サービス業など

  ◇平成28年度実績◇
   就職実績:100%

  ◇自己負担額◇
   □作業服代金:約9,000円
   □訓練生総合保険:約8,300円
   □その他、校外見学や合同企業面接会参加の交通費など
   (金額は変更する場合があります。)






▲ページのトップへ