Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

トップ > よくある質問 > 福祉用具科

福祉用具科

Q1. 福祉用具科ではどのような訓練を行なっていますか。
Q2. 介護サービス科との違いを教えてください。
Q3. 特に年齢などは問われてないようですが、何歳でもいいのでしょうか。
Q4. どのような資格が取得できるのでしょうか。
Q5. 介護職員初任者研修とありますが、その位置付けを教えてください。またホームヘルパー2級とはどう違うのでしょうか。
Q6. どのような職場へ、どのような待遇で就職できるのでしょうか。
Q7. 就職状況を教えてください。(会社・職種・就職率・雇用形態等)
Q8. 就職先の初任給はどれくらいでしょうか。

Q1. 福祉用具科ではどのような訓練を行なっていますか。

A1. 福祉用具の取扱、介護の基礎知識、技能、介護保険事務、医療事務などを幅広く学びます。

ページのトップへ

Q2. 介護サービス科との違いを教えてください。

A2. 福祉用具科では初任者研修、介護サービス科ではその上の実務者研修の資格が取れます。実習内容も介護サービス科は介護の実習が中心で、福祉用具科は、介護だけでなく用具、事務、福祉住環境コーディネーターの試験対策など幅広く学びます。

ページのトップへ

Q3. 特に年齢などは問われてないようですが、何歳でもいいのでしょうか。

A3. 年齢制限はありません。ただ就職の希望先や就職形態(正社員、パート)などによって求人の多い、少ない等はあります。

ページのトップへ

Q4. どのような資格が取得できるのでしょうか。

A4. 取得できる資格としては介護職員初任者研修修了証明書、福祉用具専門相談員指定講習修了証明書(規定の時間を休まず受けた方)です。目指す資格として福祉住環境コーディネーター2級(授業で試験対策を行います。)があります。

ページのトップへ

Q5. 介護職員初任者研修とありますが、その位置付けを教えてください。またホームヘルパー2級とはどう違うのでしょうか。

A5. 実習内容は以前のホームヘルパー2級程度です。介護職員として最低限の必要知識、技能を学びます。ただ、将来介護福祉士を目指す方は、介護サービス科で取得できる介護職員実務者研修の資格と、現場経験が必要になります。

ページのトップへ

Q6. どのような職場へ、どのような待遇で就職できるのでしょうか。

A6. 初任者研修の資格を取得し、福祉用具専門相談員としての就職を目指します。ただ、本人の希望によって介護職員、介護保険事務など幅広い就職が可能です。  待遇は、希望職種、勤務形態によって一概には言えませんが、求人票では正社員で18万程度、パートだと時給1000円弱が多いようです。

ページのトップへ

Q7. 就職率を教えてください。

A7. 平成27年度の就職率は85%程度です。(H28.6現在)

ページのトップへ

Q8. 就職先の初任給はどれくらいなのでしょうか。

A8. 15万~18万位です。

ページのトップへ