Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

トップ > 入校案内 > 科目案内 > 機械加工

機械加工

期間
2年
対象
概ね30歳以下
課程
普通(授業料等有料)
入校時期
4月
昼夜

「鉄を削る」というと難しいイメージがありますが、実学一体の指導で、旋盤・フライス盤・ボール盤などの人の手で加工する汎用工作機械やNC旋盤・マシニングセンタなどNC工作機械を使って、物づくりの楽しさを学びます。機械操作や加工するための切削の基礎技術を、各種機械・金型部品の製作をしながら基礎からガッチリと勉強します。

実習風景の写真1

主な設備

 

機械実習室

手仕上げ及び汎用工作機械の操作を中心に学びます。

 

ボール盤(5台)

穴明け、面取り、座ぐりなどの加工を行います。

 

旋盤(22台)

丸棒素材を中心に外周加工、中ぐり溝入れ、ネジ切りまでの切削加工に必要な基礎技術を学び
ます。基本的な工作機械のため、完璧にマスターすることを目指します。

 

フライス盤(7台)

角素材を中心に切削し、加工のための基礎技術を学びながら製品製作を行います。この機械も
完璧にマスターしたい機械です。

 

平面研削盤(2台)

各部品には寸法精度の高い製品や、表面仕上げが要求されるものが多くあります。表面研削作
業において、より加工精度を高めるための技術を学びます。

 

マシニングセンタ(1台)

   数値制御プログラムによって、自動的に加工するための技術を学びます。


 

 NC旋盤(1台)


NC機械室

NCとは?

人が機械操作により加工しているものを、プログラム(数値制御)によって、自動的に加工するこ
とを言います。この機械を動かすためのプログラムの勉強と、複雑な動きをする機械操作の技術を
学びます。

NC旋盤(1台)
TNC旋盤(1台)
マシニングセンタ(1台)
ワイヤカット放電加工機(1台)

主に2年次に習得する工作機械で、プログラムによってコンピューターが自動的に金属を切断する機械です。

 

 

PC実習室

文章入力や表計算などの基本操作からCAD/CAMの操作を学びます。

・PC31台(内 CAD/CAM16台)

 

教科の内容

2年間で3200時間の学科や実習が予定されています。
少人数で機械やコンピューターをふんだんに使えます。

 

教科目科目の内容時間数
(2年)
学科 機械工学概論 機械要素、機構と運動、原動機、機械一般 48
電気工学概論 回路理論、電力と三相交流、電気機器、電気磁気学 24
NC工作概論 数値制御論、NC言語、NCプログラミング、加工工程設計 48
生産工学概論 計画と統計、品質管理、工程改善、原価管理 24
材料力学 荷重と応力、曲げとたわみ、ねじりとひずみ 34
機械工作法 工作機械、仕上・組立て、鍛造、塑性加工、溶接 100
切削加工及び研削加工法 切削・研削工具、NC工作法 70
金型工作法 プレス型、樹脂成形型、金型製作法 50
普通学科 国語、数学、社会、体育 288
その他の学科 材料、製図、測定法、安全衛生、機械保全法、総合演習  200 
実技 コンピューター操作基本実習 基本操作(ワープロ、表計算)、写真動画処理  68
機械工作実習 旋盤、フライス盤、ボール盤、研削盤作業、溶接 620 
NC工作実習 NC機械加工、CAD/CAM作業  520
切削加工及び研削加工実習 切削試験、バイト研削、ドリル研削 180
応用作業 治具・機械装置製作、メカトロ基礎作業、二輪自動車整備 486
その他の実技 製図基本実習、安全衛生作業法、測定及びけがき実習、機械保全実習、総合演習作業、就業基礎 440

実習風景の写真2 実習風景の写真3

 

主な就職先

金属部品・自動車部品・電気部品・各種治工具製造業などの幅広い中小企業や、自営業の後継者もいます。

 

取得できる資格等

  • 技能士補(技能照査合格者)
  • ガス溶接技能講習修了証
  • 労働安全衛生規則による特別教育修了証(アーク溶接、自由研削といし) 

▲ページのトップへ