労働keyword豆知識

「労働keyword豆知識」は、東京の雇用・就業に関する広報紙「とうきょうの労働」に平成24年から連載しているコラムです。
ここでは、過去に紙面掲載したものを紹介しています。

ストレスチェック

 仕事による強いストレスが原因で精神障害を発病し、労災認定された労働者は平成26年度には過去最多となっており、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止することがますます重要な課題となっています。こうした状況の中、労働安全衛生法が改正され、平成27年12月1日より従業員50人以上の事業場では、医師・保健師などによるストレスチェックの実施が義務化されました。ストレスチェック制度は、メンタルヘルス不調の未然防止(一次予防)を強化するため、定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、自らのストレスの状況について気付きを促し、個々の労働者のストレスを低減させることや、検査結果を集団ごとに集計・分析し、職場環境の改善につなげることで、ストレスの要因そのものを低減することを目的としています。事業主は、ストレスチェックの結果を通知された労働者の希望に応じて医師による面接指導を実施し、医師の意見を聞いた上で、適切な就業上の措置(作業の転換や労働時間の短縮など)を講じなければなりません。
 なお、ストレスチェックを受けない者、事業者への結果提供に同意しない者、面接指導を申し出ない者に対する不利益取扱いや、面接指導の結果を理由とした解雇、雇止め、退職勧奨、不当な配転・職位変更等は禁止されています。

1320号(2015年12月25日発行)掲載

精神障害に係る労災請求・支給決定件数の推移

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
調整課 普及情報担当
電話:03-5320-4646