【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > とうきょうの労働 > 労働keyword豆知識 > 技能検定

労働keyword豆知識

「労働keyword豆知識」は、東京の雇用・就業に関する広報紙「とうきょうの労働」に平成24年から連載しているコラムです。
ここでは、過去に紙面掲載したものを紹介しています。

技能検定

 「技能検定」とは、技能者の技能や知識を一定の基準により検定し、公証する国家検定制度で、試験に合格すると合格証書及び技能士章が交付され、「技能士」と名乗ることができます。
 検定職種は、機械加工、建築大工からフラワー装飾、パン製造まで幅広く、全部で128種類あり、職種ごとに特級・1級・2級・3級及び単一等級に区分されています。
 職種によって、各都道府県が実施するものと民間の指定試験機関が実施するものがあり、東京都においては例年1万人の受検規模で、制度が開始された昭和34年度から現在までで約26万人の技能士が誕生しています。
 また、検定試験にて優秀な成績を収めた方を「技能検定試験成績優秀者」として、毎年、東京都及び東京都職業能力開発協会から表彰しています。
 これらの制度により、技能者の技能取得意欲を高めるとともに、技能者の技能と社会的・経済的地位の向上に寄与することが期待されています。

1319号(2015年11月25日発行)掲載

 

技能検定の職種

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
調整課 普及情報担当
電話:03-5320-4646