【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > とうきょうの労働 > 労働keyword豆知識 > フレックスタイム制

労働keyword豆知識

「労働keyword豆知識」は、東京の雇用・就業に関する広報紙「とうきょうの労働」に平成24年から連載しているコラムです。
ここでは、過去に紙面掲載したものを紹介しています。

フレックスタイム制

 フレックスタイム制は、1日の労働時間の長さを固定的に定めず、一定の期間の総労働時間を定めておき、労働者はその総労働時間の範囲で各労働日の労働時間を自分で決めて働くことのできる制度です。一般的には1日の労働時間を、必ず勤務すべき時間帯(コアタイム)と、いつ出社・退社してもよい時間帯
(フレキシブルタイム)に分けます。この制度の導入にあたっては、就業規則等の定めや、労使協定の締結などが必要です。産業別の採用状況をみると、情報通信業が圧倒的に多くなっています。【1313号(2015年5月25日発行)掲載

 

keyword1313.png

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
調整課 普及情報担当
電話:03-5320-4646