労働keyword豆知識

「労働keyword豆知識」は、東京の雇用・就業に関する広報紙「とうきょうの労働」に平成24年から連載しているコラムです。
ここでは、過去に紙面掲載したものを紹介しています。

 

離職率

 離職率とは、在職者に対する離職者の割合をいい、雇用労働力の産業・職業・地域間等の移動実態を定期的に調査している厚労省「雇用動向調査」においては、次の式により算出しています。

rishoku.png

 

  また厚労省では、新規学卒者の離職率についても調査しており、こちらは、就職者及び離職者の生年月日と雇用保険加入時期とを勘案した上で学歴別離職率を算出しています。
 離職率は15%前後で推移しており、2013年は15.6%と、2年連続上昇しています。男女別・年齢別にみると、定年退職の影響が考えられる60代前半を除き、概ね若いほど離職率が高く、また男性に比べ、女性の方が離職率が高いという特徴がみられます。 
 新規学卒者は離職率が高い傾向があり、大卒の場合、卒後3年以内に3割前後が離職しています。なお直近では、卒後3年以内離職率が上昇しています。

1309号(2015年1月23日発行)掲載

 keyword1309.png

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
調整課 普及情報担当
電話:03-5320-4646