【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > とうきょうの労働 > 労働keyword豆知識 > 特例子会社

労働keyword豆知識

「労働keyword豆知識」は、東京の雇用・就業に関する広報紙「とうきょうの労働」に平成24年から連載しているコラムです。
ここでは、過去に紙面掲載したものを紹介しています。

 

特例子会社

  障害者雇用率制度では、障害者の雇用機会の確保を個々の事業主に義務づけています(法定雇用率=2.0% )。その特例である「特例子会社」制度は、障害者雇用への特別な配慮等の要件を満たした場合に、親会社と一体で実雇用率を算定できるというものです。また、特例子会社をもつ親
会社は、関係する子会社についても実雇用率を通算できる場合があります。
 特例子会社は、年々増加しています。また、民間企業で雇用されている障害者数は、2013年には408,947.5人となり、10年連続で過去最高を記録しました。特例子会社の地域分布をみると、全体の3割強は、東京に立地していることがわかります。

1304号(2014年8月25日発行)掲載

 

keyword1304.jpg

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
調整課 普及情報担当
電話:03-5320-4646