【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > とうきょうの労働 > 労働keyword豆知識 > Off-JT

労働keyword豆知識

「労働keyword豆知識」は、東京の雇用・就業に関する広報紙「とうきょうの労働」に平成24年から連載しているコラムです。
ここでは、過去に紙面掲載したものを紹介しています。

 

Off-JT

 「OFF-JT」とは、「Off-the-Job Training」の略で、業務命令に基づき、通常の仕事を一時的に離れて行う
教育訓練(研修)のことをいいます。研修や講習会等に労働者を参加させることなどが典型的な例です。
これに対し、「OJT」とは、日常の業務に就きながら行われる教育訓練のことで、上司や同僚から業務中に、
仕事について指導やアドバイスを受けることなどが該当します。
 Off-JTの実施割合をみると、2009年度に大きく低下した後、やや上昇したものの、2008年度以前の水準には戻っ
ていないことがわかります。また、正社員と非正社員では大きな差があり、非正社員のOff-JT受講機会は相対的
に少なくなくなっています。
 Off-JTの実施内容としては、6割以上の事業所で、「マネジメント」や「ビジネスの基礎知識」を行っています。

1297号(2014年1月24日発行)掲載】

雇用形態別Off-JT実施事業所割合・Off-JT受講労働者割合(全国) Off-JTの実施内容(全国、2012年度)

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
調整課 普及情報担当
電話:03-5320-4646