【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > とうきょうの労働 > 労働keyword豆知識 > 公共職業訓練

労働keyword豆知識

「労働keyword豆知識」は、東京の雇用・就業に関する広報紙「とうきょうの労働」に平成24年から連載しているコラムです。
ここでは、過去に紙面掲載したものを紹介しています。

 

公共職業訓練

 公共職業訓練とは、職業能力開発促進法に基づき、国及び都道府県が、求職者(離職者、転職者や学卒者)
及び在職者に対して、職業に必要な技能及び知識の習得を目的に実施する職業訓練のことです。
訓練期間中に訓練に専念できるよう給付金等の支援制度もあります。
東京都では、都立職業能力開発センター(13か所)と東京障害者職業能力開発校において訓練を実施しています。
〔求職者向け訓練〕
年齢等の制限のない一般向け訓練のほか、高年齢者、若年者、非正規労働者、育児のために離職した方等の
対象別でも実施
〔在職者向け訓練〕
中小企業等で働く方の能力向上のためのキャリアアップ講習、中小企業のニーズに合わせた
オーダーメイド訓練、中堅青年技能者への技能継承のための東京ものづくり名工塾等を実施
〔障害者職業訓練〕
東京障害者職業能力開発校と都立職業能力開発センター3校において、障害に応じて実施
〔再就職促進等委託訓練〕
職業訓練の受講機会の確保・拡大を図るため、民間教育機関等に委託して実施
〔保育サービス付き職業訓練〕
子育て中の求職者のため、訓練中に保育サービスを実施

1295号(2013年11月25日発行)掲載】

求職者向け訓練の就職率(東京、2012年)

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
調整課 普及情報担当
電話:03-5320-4646