【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > とうきょうの労働 > 労働keyword豆知識 > 就業構造基本調査

労働keyword豆知識

「労働keyword豆知識」は、東京の雇用・就業に関する広報紙「とうきょうの労働」に平成24年から連載しているコラムです。
ここでは、過去に紙面掲載したものを紹介しています。

 

就業構造基本調査

 就業構造基本調査は、わが国の就業・不就業の実態を明らかにすることを目的として、昭和31年の
第1回調査以来ほぼ3年ごと、昭和57年以降は5年ごとに総務省が実施しています。平成24年調査の対象は、
全国の世帯から選定した約47万世帯に住む15歳以上の世帯員約100万人です。また平成24年調査からは、
有期雇用契約の実態やワーク・ライフ・バランスの状況、東日本大震災の影響を把握するための新たな調査項目も
設定されました。
 なお、就業構造基本調査では、就業・不就業について、ふだんの状態によって把握しています
(ユージュアル方式)。したがって、総務省が毎月発表している「労働力調査」など、月末1週間の状態によって
把握している(アクチュアル方式)統計調査と数値を比較する際は、注意が必要です。

1293号(2013年9月25日発行)掲載】

(参考)

15歳以上人口総数、男女別有業者数の推移 
年齢別・就業状況別15歳以上人口(2012年)
年齢別有業者数の推移
年齢別・男女別・配偶状態別有業数(2012年)

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
調整課 普及情報担当
電話:03-5320-4646