【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > とうきょうの労働 > 労働keyword豆知識 > 総実労働時間数

労働keyword豆知識

「労働keyword豆知識」は、東京の雇用・就業に関する広報紙「とうきょうの労働」に平成24年から連載しているコラムです。
ここでは、過去に紙面掲載したものを紹介しています。

 

総実労働時間数

 総実労働時間数とは、所定内労働時間数と所定外労働時間数の合計です。所定内労働時間数は、
就業規則で定められた正規の始業時刻と終業時刻との間の休憩時間を除いた実労働時間数のことで、
所定外労働時間数は、早出、残業、臨時の呼び出し、休日出勤等の実労働時間数のことです。
総実労働時間数は、男女や年齢等によって違いがみられます。どの年齢層においても女性より男性のほうが
長時間労働ですが、なかでも20 ~ 30代男性は、月間180時間前後と、同世代の女性と比較しても、
40代以降の男性と比較しても、際立って高くなっています。企業規模別にみると、30代前半までは規模による
大きな違いはみられませんが、30代後半以降は、1,000人以上規模で労働時間が短くなっている一方、
10~99人規模では50代後半まで30代前半と同様、月間175時間以上です。
パートを除く一般労働者について産業別にみると、宿泊業,飲食サービス業、運輸業,郵便業で月間180時間以上と、
長時間労働の傾向がみられます。

1290号(2013年6月25日発行)掲載】

年齢別月間総実労働時間数
産業別月間総実労働時間数

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
調整課 普及情報担当
電話:03-5320-4646