【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > とうきょうの労働 > 労働keyword豆知識 > 有効求人倍率

労働keyword豆知識

「労働keyword豆知識」は、東京の雇用・就業に関する広報紙「とうきょうの労働」に平成24年から連載しているコラムです。
ここでは、過去に紙面掲載したものを紹介しています。

 

有効求人倍率

 有効求人倍率とは、ハローワークで受け付けた月間有効求人数を月間有効求職者数で割って算出したものです。
月間有効求人数(求職者数)は、当月の新規受付分と前月繰越分の合計となっています。
 東京の有効求人倍率は、今年3月に1.00倍に達し、その後も緩やかながら改善傾向がみられます。
しかし、「パート」(同一事業所の通常労働者より週の所定労働時間が短いもの)と
「一般」(常用及び臨時・季節をあわせたもの)に分けると、「パート」は求人数が求職者数を上回っている
一方、「一般」は求人数が求職者数を下回っており、「一般」の就職は厳しい状況が続いています。
なお、ハローワーク(インターネットを含む)経由の入職者は入職者全体の26.2%であり、
残りの約4分の3は、求人倍率の調査対象ではないことに注意が必要です。入職経路については、
「広告」(29.2%)、「縁故」(21.4%)も多くなっています。

1281号(2012年9月25日発行)掲載】

有効求人倍率、有効求人数・求職者数  入職者の入職経路状況 

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
調整課 普及情報担当
電話:03-5320-4646