【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > 施設・窓口案内 > 東京都労働資料センター

東京都労働資料センター

労働に関する調査・統計・白書・判例等を主として所蔵し、閲覧、貸出を行っています。

ご利用案内

1.利用時間
・月曜日~金曜日 9:00~17:00
※土曜日・日曜日・祝日・休日、年末年始(12月29日~1月3日)及び
  毎月15日(休業日と重なる場合は直後の平日)は休館日です。

2.閲覧について
・当センターの書庫はどなたでもご自由に閲覧できます。
・閲覧後の図書・資料・逐次刊行物は元の場所に戻してください。
・コピーサービスは行っておりません。

3.貸出
・図書・資料・逐次刊行物の貸出を行っています。
・貸出を受ける際は利用者カードを提示してください。
・貸出可能冊数は1回につき図書3冊以内、資料5点以内、逐次刊行物3冊以内です。
・貸出期間は貸出日を含め10日以内です。
 ただし、逐次刊行物を除いて1回のみ期間延長が可能です。

※利用者カード
・貸出には利用者カードが必要です。(閲覧のみの場合は不要)
・初めて貸出を受ける際は利用者登録が必要です。
 運転免許証、学生証などお名前・ご住所が確認できるものをご持参の上、
 受付にお申し出ください。
・利用者カードの有効期間は3年です。
・お名前・ご住所・ご連絡先に変更があった場合は受付までご連絡ください。

4.返却について
・貸出を受けた図書、資料、逐次刊行物の返却は当センター受付までお持ちください。
・返却期限は必ずお守りください。
・閉館時の返却は、返却ポスト(東京しごとセンター1F外壁に設置)をご利用ください。
・図書、資料、逐次刊行物を破損又は紛失された場合は相当額の賠償をしていただきます。

取扱図書・資料

1.資料について
・官公庁、労働組合(団体)、経営者団体(企業)などが発行する調査報告書及び各種資料を
収集しております。(約1500点/平成27年3月現在)

2.図書について
・労働に関する調査、統計、白書及び判例を重点的に収集しております。
 (約2100冊/平成27年3月現在)
・逐次刊行物として官公庁、労働関係調査機関、労働組合、経営者団体などの発行する
  雑誌、機関誌を中心に収集しております。(約350種/平成27年3月現在)

3.蔵書検索について
・所蔵資料を検索できます。
 (検索サイトはこちら

アクセス

〇地図

東京都労働資料センター 地図

所在地:東京都千代田区飯田橋3-10-3 東京しごとセンター9階

〇交通機関

・飯田橋駅
JR中央線「東口」より徒歩7分
都営地下鉄大江戸線・ 東京メトロ有楽町線・南北線「A2出口」より徒歩7分
東京メトロ東西線「A5出口」より 徒歩6分

・水道橋駅
JR中央線「西口」より徒歩8分

・九段下駅
東京メトロ東西線「7番出口」より徒歩8分
東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄新宿線「3番出口」より徒歩10分

リンク集

厚生労働省図書館・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・厚生労働省が刊行した報告書、関連図書等を
(検索サイトはこちら)                     置いている専門図書館です。(蔵書数:15万冊)

独立行政法人 労働政策研究・研修機構・・・・・・・・・・労働に関する総合的な調査研究を行っている機関が、
(労働図書館)(検索サイトはこちら)            労働に関する情報を広く一般に提供する拠点として
                                    設置している労働図書館のサイトです。

法政大学 大原社会問題研究所・・・・・・・・・・・・・・・・・社会・労働問題の調査・研究を行っている機関によるサイトです。
(検索サイトはこちら) 

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都労働資料センター
電話:03-5215-5857