【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > 労働相談・労働情報 > 労働問題相談室(労働相談Q&A) > 身元保証人で、損害賠償を請求された

労働問題相談室(労働相談Q&A)

1.働き始めるまで・働き始めて

Q6 身元保証人で、損害賠償を請求された

子供は会社員ですが、先日、会社の機械を壊してしまいました。私は保証人になっており、会社から損害賠償を請求されたのですが。

これが原則

  1. 身元保証人の責任には、限度が設けられている(身元保証法第5条)。
  2. 労働者の損害賠償責任は、損害の公平な分担の見地から軽減される場合が多い。

 身元保証は、会社が採用した労働者の行為によって損害を受けた場合に身元保証人が、それを賠償することを内容とする契約です。
 その賠償責任について争いが生じたときは、最終的に、裁判所で判断することになりますが、この場合、会社の損害賠償請求は、その監督に関する過失の程度などにより制限的に決定されています。
 判例では、「会社にも業務命令の徹底やチェック体制に不備があるとして、3割の過失を認め、また身元保証人の責任については、その業務の危険性に照らし、責任の重大性について十分説明しなかったとして、その賠償義務を損害額の4割としているもの」があります(なお、過失の認定とその割合については、それぞれのケースによります。)。

ここを確認

  1. 身元保証契約の有効期間内での事故かどうか確認する(最大限5年、期間を定めない場合3年)。
  2. 会社が身元保証人へ任務や任地等の変更通知をしているか調べる(身元保証法第3条)。
  3. 賠償額があらかじめ定められたものかどうか確認する。

 会社は、労働者の業務上の事故により、身元保証人に責任を生ずる恐れがあるときや本人の任務、任地を変更したときは、そのことを身元保証人に通知する義務があります。
 また身元保証人は、これらの事実を通知により知ったときは、身元保証契約を解除できることになっています(身元保証法第4条)。
 さらに、賠償額が労働契約であらかじめ定められているような場合、その賠償請求は無効とされます(労働基準法第16条・身元保証法第6条)。

こんな対応

  1. 労働者が事故を起こしたときの状況(過失の有無・程度、会社の業務管理の状態)と損害額の算定資料を提示するよう求める。
  2. 賠償額について専門機関の判断を求め比較する。

 身元保証法第5条は、「事故が発生した場合、身元保証人の損害賠償責任の有無と その金額について、裁判所は、使用者の監督責任、身元保証をするにいたった事由、労働者の任務、身上の変化、その他いっさいの事情を考慮して決定する。」としているので当事者だけで処理せず、労働相談情報センター等にご相談ください。
 なお、身元保証契約が失効している場合の労働者の賠償責任についても、「こんな対応」の(1)、(2)が参考になります。

 

労働相談Q&Aはあくまで一般的な内容のものです。
具体的な内容については、労働相談情報センターへ電話、来所してご相談ください。
なお、メールでのご相談には応じておりません。

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都労働相談情報センター

【電話相談専用ダイヤル】
東京都ろうどう110番  0570-00-6110
月曜~金曜:午前9時~午後8時(終了時間)
土曜:午前9時~午後5時(終了時間)