【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > 労働相談・労働情報 > 労働問題相談室(労働相談Q&A) > 「委託契約」 「請負契約」とは

労働問題相談室(労働相談Q&A)

1.働き始めるまで・働き始めて

Q2 「委託契約」、「請負契約」とは

就職にあたって会社から「委託契約書」という文書をもらいましたが、どういう意味かよく分かりません。ふつうの会社員とどこが違うのですか?

これが原則

  1. 就職で労務を提供する場合の契約は「雇用=労働」契約となる。このほか、労務提供の契約には「委任=委託」、「請負」がある。
  2. 「労働」と「委託または請負」契約の違いとして、「労働」契約には 労働関係法規の適用がある。

就職にあたってとのことですから、「労働」契約を締結することになります。仮に、「委託」または「請負」契約であれば、

  1. 賃金、労働時間、休日・休暇などについての最低条件確保(最低賃金法・労働基準法)、
  2. 仕事が原因のけがや病気に対する補償(労災保険法)、
  3. 失業後の所得補填(雇用保険法)

などの労働関係法規が適用されず、いわゆる普通の会社員にはなりません。

ここを確認

  1. 契約の目的の違いを確認する。 「労働」は労務に服すること・「委託」は特定の業務処理・「請負」は仕事の完成を目的とする。
  2. 労務提供方法の違いを確認する。 「労働」契約では、会社の一般的指揮監督関係に入り一定の規律に従い「労働者」として労務を提供する。 「委託または請負」契約では、一般的指揮監督関係に入らず「事業者」と して独立して仕事を処理・完成する。

「労働」契約か「委託または請負」契約であるかは、上記(1)、(2)が判断の参考基準となりますが、このほかに、判例による「労働」契約の判断基準として

ア 仕事の依頼、業務従事に対する諾否の自由がないこと
イ 勤務時間・勤務場所の指定があること
ウ 業務用器具の負担がないこと
エ 報酬が労働自体の対償であること(生活保障的要素や労働の質による格差があること)

などがあります。

こんな対応

  1. 「労働」を目的とする契約かどうかを会社へ再確認する。
  2. 「委託」目的の契約であれば締結する意志のないことを文書で伝える。

「委託」契約書に署名または記名押印し、契約を成立させてしまうと、あとで解約する場合、トラブルが起きます。
解約に正当な理由がなければ、契約義務の不履行となり、損害賠償などの責任を負う場合があるので契約の締結には十分注意してください。
なお、募集方法に問題がある場合や解約のほか、派生的問題として、契約名が「委託」または「請負」となっていても、実態的判断で労災保険が適用される場合があるので、 労働相談情報センター等にご相談ください。

労働相談Q&Aはあくまで一般的な内容のものです。
具体的な内容については、労働相談情報センターへ電話、来所してご相談ください。
なお、メールでのご相談には応じておりません。

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都労働相談情報センター

【電話相談専用ダイヤル】
東京都ろうどう110番  0570-00-6110
月曜~金曜:午前9時~午後8時(終了時間)
土曜:午前9時~午後5時(終了時間)