労働問題相談室(労働相談Q&A)

7.会社が倒産しそう・倒産してしまった

Q46 倒産時の手続・社会保険と税金

会社が倒産してしまいました。経営者は行方不明です。社会保険、雇用保険、税金などの退職に関する事務処理はどのようにしたらよいでしょうか。

これが原則

  1. 退職に関する事務処理は、通常は会社を通じて行われるのが原則。ご質問のような非常時は、それぞれ、担当の役所の窓口で説明し必要な手続をするしかない。受け付けた役所では、事実の確認をすることになる。
  2. 経営者が行方不明でも、会社の後始末を任された弁護士がいれば、その人が社長の代わりに処理する。

担当の役所の窓口でも単に倒産の事情を説明しただけでは、退職処理をするわけにはいきません。その時までその会社に勤務していたこと、倒産して解雇(または、退職)となったことなどが、事実かどうかを確認してもらうことが必要となります。

ここを確認

  1. まず、担当の役所がどこかを知ることから始まる。雇用保険は公共職業安定所(ハロ-ワ-ク)、健康保険の給付や任意継続被保険者等に関しては全国健康保険協会(協会けんぽ)、健康保険・厚生年金の加入や保険料の納付および年金全般に関しては年金事務所、税金は、所得税は税務署、住民税は市・区役所が担当する。

それぞれの役所に何の手続をしたいのかを説明し、そのためにどのような資料が必要かを確認してください。
なお、健保組合、厚生年金基金などに加入していれば、その組合や基金が窓口になります。

こんな対応

  1. それぞれの担当役所に事情を話し、どのような資料が必要かを尋ねた上で、それらの資料を揃え、窓口へ行く。揃えられない事情のあるときは、代わりの方法がないか相談する。

賃金明細書のほかの資料として、「解雇通知書」、各保険の被保険者証、破産管財人からの通知などが考えられます。

労働相談Q&Aはあくまで一般的な内容のものです。
具体的な内容については、 労働相談情報センター へ電話、来所してご相談ください。
なお、メールでのご相談には応じておりません。

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都労働相談情報センター

【電話相談専用ダイヤル】
東京都ろうどう110番  0570-00-6110
月曜~金曜:午前9時~午後8時(終了時間)
土曜:午前9時~午後5時(終了時間)