企業における取組の発信・支援

優良企業登録について

東京都障害者雇用優良企業登録事業は、障害者を率先して雇用しその能力活用に積極的な企業を登録し、その取組を広くホームページ等で紹介することで障害者雇用の一層の拡大を図ることを目的としています。

<注意>
平成29年4月1日より、要綱が改正となりました。新規登録は平成28年度をもって終了いたしました。なお、平成28年度に新規登録した企業の登録の有効期限は、平成32年3月31日までとなります。また、平成26年度及び27年度に登録された企業は、登録の更新をした場合でも、有効期限は平成32年3月31日までとなります。

登録対象企業

下記の全ての条件を満たしている民間企業等です。

  1. 都内に本社又は事業所を設置していること。
  2. 障害者雇用率が2.3%以上であること。なお、障害者総合支援法における就労継続支援事業所利用者は、本事業の障害者雇用率の算定に含めないこと。
  3. 常用労働者数が300人未満であること。
  4. 特例子会社ではないこと。
  5. 東京都が実施する普及啓発事業に協力すること。
  6. 労働関係法規を遵守し、その他の法令上または社会通念上、認証するにふさわしくないと判断される状況にないこと。
  7. 公序良俗に反する事業を行っていないこと。
  8. 暴力団あるいは暴力団員等と関与していないこと。

登録開始

平成21年4月1日

登録企業について

  1. 登録企業の企業名を障害者雇用の取組とともに東京都のホームページで公表します。
  2. 東京都障害者雇用優良企業シンボルマークを使用することができます。
  3. 東京都中小企業融資制度の産業力強化融資(チャレンジ)の申込を行うことができます。(融資の可否は、保証協会の審査の結果によります。)

要綱等ダウンロード

          または 
         (Word形式ファイル/58.0KB)

          または
         (Word形式ファイル/44.0KB)

ページのトップへ