企業における取組の発信・支援

特定非営利活動法人地球船クラブ

所在地:本社…文京区、事業所…江東区
企業URL:http://www.chikyuusen.org
従業員数:16人

障害者雇用の経緯・目的等

・リサイクル事業を通じて知的障害者の雇用創出を図り、もって社会参加を促すことを目的とする。
・「環境」と「福祉」の融合を図る。

雇用等のための取組

・1時間毎に10分間の休憩をとりながら作業を進めている。
・知的障害者が取り組みやすい作業内容(選別作業)となっている。
・毎年職場実習を受け入れている。
・申し出があれば見学を随時受け入れている。

会社の風景

tikyusen1.jpg  tikyusen2.jpg tikyusen5.jpg

 NPO法人地球船クラブが運営しているエコミラ江東では、家庭やスーパー等で使用済みとなった食品トレイなどの発泡スチロールをペレット化しています。作業内容は食品トレイの選別作業(白と白以外に分ける)が中心だそうです。

訪問レポート

 エコミラ江東は、発泡スチロールのリサイクル施設であるとともに知的障害者の雇用を促すための施設であることから、設立当初から障害者を積極的に雇用しています。当初は学生アルバイトも雇用していましたが、みな体力があり真面目に働くので、障害者の方のみでも特に問題はないそうです。
 指導方法としては、まず指導員が見本を示すことにしており、作業方法は1つに統一しているそうです。そうすることによって、最初の頃は作業を間違えることがあっても、長期的にみると作業効率が上がります。仕事面以外でも、人に迷惑をかけないようにと指導をしていて、最近では休暇取得などの際に周りによく気を遣うようになったそうです。

訪問日:平成24年4月19日

ページのトップへ