発行物

使用者のための労働法

はじめに

 東京都労働相談情報センターでは、職場で起こる様々な問題について相談に応じています。相談の中には、使用者の方にもう少し労働法の知識があれば、トラブルにならずに済んだのではと思われる事例も少なくありません。労使関係でトラブルになると、労働者だけではなく、使用者も大きなダメージを受けます。
 そこで、労働法に詳しい早稲田大学法学学術院の島田陽一教授に、使用者の方に知っていただきたい労働法の基本について解説していただきました。
 企業を取り巻く環境が年々厳しさを増していくなか、労働問題も多様化しています。労働関係の法律も改正されており、以前にも増して、労働法の知識を身につけていただきたいと思います。
本冊子が、広く活用され、未然にトラブルを防止する一助となれば、幸いです。

平成30年3月

東京都労働相談情報センター

冊子版

冊子版は、東京都庁第一本庁舎3階 都民情報ルームにて、一部200円で購入できます。
 (在庫状況については、直接都民情報ルーム(03-5388-2276)へご確認ください。)

※ 冊子の交換について

平成30年3月発行の「使用者のための労働法」で、記載に誤りがありました。お詫び申し上げます。該当する冊子につきましては、交換させていただきますので、恐れ入りますが、東京都労働相談情報センター(03-5211-2345)までご連絡ください。

(該当する冊子)
平成30年4月に、都民情報ルームまたは東京都労働相談情報センターで入手された冊子

ダウンロード版(PDF形式)

使用者のための労働法(全文)(3.5MB)

項目ページ
表紙(203.5KB)
はじめに(338.1KB)
目次(426KB)

Ⅰ 労働契約(756.5KB)

4~20
1 募集活動
2 募集・採用に当たって注意すべきこと
3 労働契約の締結と原則
4 労働契約の成立過程-採用内定と試用期間
5 労働契約の期間と労働条件の明示
6 業務請負・業務委託と労働者派遣
Ⅱ 就業規則(457.4KB) 21~26
1 就業規則の意義と役割
2 就業規則の作成・変更の手続
3 就業規則が労働契約の労働条件決定にどのように作用するか
4 懲戒処分について
Ⅲ 賃金と処遇(572.2KB) 27~36
1 賃金の意義
2 賃金の決め方
3 賃金の額
4 賃金支払いの原則
5 賞与・退職金の性格と在籍者支給条項
6 人事と処遇
Ⅳ 労働時間・休日・休暇(598.7KB) 37~56
1 法定労働時間
2 労働時間の概念
3 変形労働時間制-労働時間制度の柔軟化(その1)
4 フレックスタイム制-労働時間制度の柔軟化(その2)
5 裁量労働制-労働時間制度の柔軟化(その3)
6 事業場外労働のみなし労働時間制
7 休憩・休日
8 時間外・休日労働
9 割増賃金
10 労働時間等の適用除外
11 年次有給休暇
12 労働時間等設定改善法
Ⅴ 労働・社会保険(715KB) 57~75
1 労災保険
2 雇用保険
3 健康保険
4 厚生年金
5 介護保険
Ⅵ 職場の安全と使用者責任(432.2KB) 76~80
1 労働安全衛生法の仕組み
2 安全衛生教育と健康診断
3 使用者の安全配慮義務・パワーハラスメントの防止
Ⅶ 女性労働と育児・介護(589.5KB) 81~97
1 労働法における女性保護の変遷
2 女性労働者一般の保護
3 妊産婦保護
4 男女雇用機会均等法・セクシュアルハラスメントの防止
5 育児・介護休業の保障
6 次世代育成支援対策推進法への対応
Ⅷ パート労働者と法(614.0KB) 98~102
Ⅸ 労働契約の終了(438.3KB) 103~110
1 退職の自由と合意解約
2 解雇の種類と制限
3 有期雇用の雇止めと無期雇用への転換
4 65歳定年制に向けて-高年齢者雇用確保措置
Ⅹ 個別労働紛争の解決手続(746.4KB) 111~116
 労働組合ができたら(433.9KB) 117~122
1 労働組合の結成と加入
2 労働組合の活動と役割
3 使用者がしてはならないこと
就業規則の規定例(1.6MB) 123~157
行政機関案内(628.2KB) 158~164

ページのトップへ

お問い合わせ先

各資料の詳細ページ及び
リーフレットに記載されている問合せ先まで
ご連絡下さい。