労働セミナー

平成29年度 使用者向けセミナー

いま、企業ができる過重労働を防止し生産性の低下を防ぐ取組とは

過労死や過重労働が深刻な社会問題となり、平成26年には過労死防止法が施行されました。しかし、平成28年度の過労死等の労災支給決定件数(死亡・自殺等)は191件と高止まりしています。
過重労働は、過労死等の原因となり、「社員を疲弊させ労働意欲や生産性が低下する」、「一旦労働災害や賠償請求の対象になると、社会的信用を失う」などの様々な経営上のリスクを発生させるため、企業にとって対応は喫緊の課題です。
そこで、本セミナーでは、医療と法律の両面から過重労働を防止するために必要な知識や対処法を取組方法や事例を踏まえて解説します。

 

月日 時間テーマ 講師
3月15日(木曜日) 18時30分

20時30分
過重労働の現状と防止の取組
過重労働の現状と防止の取組
1過重労働の現状と心身に与える影響
2生産性を低下させない取組事例
3過重労働防止のための取組方法
(衛生委員会、面談、ストレスチェック等
株式会社IHI専属産業医
砂田健一 氏
3月20日(火曜日) 18時30分

20時30分
過労死等の法的現状と防止対策
過労死等の法的現状と防止対策
1過労死等防止対策推進法の施行で何が変わったか?
2過労死等の現状と判例ポイント
3過労死等防止のための法的知識と対処法
弁護士
篠原靖征 氏

会場

東京しごとセンター(飯田橋)
地下講堂
千代田区飯田橋3-10-3
※会場案内図はこちらをクリック

 

受講料

無料

 

対象

使用者、人事労務担当者、テーマに関心のある方 

 

定員

100名
※定員に達した時点で、受付を終了させて頂きます。ご了承ください。

 

申込方法

電話、FAX、インターネットよりお申し込みいただけます。

※インターネットからのお申し込みはこちらをクリック
※FAX申込書  

掲載されたPDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(フリー)が必要です。
Get Adobe Reader

 

申込先

東京都労働相談情報センター 事業普及課 普及担当
電話:03-5211-2209
FAX:03-5211-3270

ページのトップへ