労働セミナー

平成29年度 多様な働き方セミナー

人手不足への処方箋
〜5年先を見据えた人手不足対策とすぐにでも実践したい生産性向上策〜

 長時間労働の是正を始め職場環境の改善に取り組み、働き方の見直しに一定の成果を上げている企業がある一方、なかなか具体策が見つけられず、人手不足に危機感を抱いている企業は少なくありません。
 そこで、本セミナーでは、労働力人口の激減時代に備え、5年先を見据えた人手不足対策と、いわゆる『生産性向上』の誤解を解く、すぐにでも実践したい生産性向上策について、2日間に渡り解説いたします。

 

月日 時間テーマ 講師
1月22日(月曜日) 14時00分

16時00分
5年先を見据えた人手不足対策が会社を救う
・これからの労働力人口は地域的な偏りを伴って減少していく
・ICT、AIの発達で技術的失業も押し寄せる
・これからは長期経営計画ならぬ長期人事計画が必要
・5年先を見据えた人手不足対策とは
日本大学総合科学研究所
 准教授 安藤至大 氏
1月23日(火曜日) 14時00分

16時00分
すべての答えは『生産性の向上』にある
・「成果」ではなく「生産性」で評価する
・やめる、移す、統合する、あるべき姿から逆算する
・不毛な会議とあきらめる前に
・最短最速でたどり着く秘訣
(株)AND CREATE
 代表取締役 清水久三子 氏

会場

東京都南部労政会館(大崎)
第5・第6会議室
品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー2F
※会場案内図はこちらをクリック

 

受講料

無料

 

対象

使用者、人事労務担当者、テーマに関心のある方

 

定員

100名
※定員に達した時点で、受付を終了させて頂きます。ご了承ください。

 

申込方法

電話、FAX、インターネットよりお申し込みいただけます。

定員に達したため受付は終了しました

 

申込先

東京都労働相談情報センター大崎事務所 事業普及担当
電話:03-3495-4872
FAX:03-3495-4916

共催:品川区・目黒区・大田区・世田谷区
後援:港区

ページのトップへ