労働セミナー

平成29年度 多様な働き方セミナー

働く人の労働契約ルールのチェックポイント 

〜安心して働きやすい労働条件を守るため〜

パートタイム労働や派遣労働などの有期労働契約者を対象とした、「無期転換ルール」を定めた改正労働契約法が施行5年を迎えます。
そのことにより、無期転換申込みの対象者が大量に発生すると予想されるため、労使における「雇止め」や「無期転換後の労働条件」をめぐる労働トラブルが起こらないようにすることが大切です。
そうしたことから、様々な労働環境の変化への対応や労働トラブルにならないためには、労働契約に関する法律知識を学び、契約の締結や変更・終了の際に内容をきちんと確認することが重要です。
本セミナーは、働く人が、働くルールを再確認し、安心して働き続けることができる就業環境を実現するために専門家がわかりやすく解説します。

 

月日 時間テーマ 講師
1月23日(火曜日) 18時30分

20時30分
改正労働契約法(18条・19条・20条)の概要
・雇止め法理の法定と有期労働者の保護
・通算契約期間
・期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止
成蹊大学
法学部 教授
 原 昌登 氏
1月30日(火曜日) 18時30分

20時30分
無期転換制度と労働条件のリスク確認 
・2018年問題と無期転換ルールに関する特例
・無期転換後の労働条件
・労働契約法20条等に関する最新の注目判例
成蹊大学
法学部 教授
 原 昌登 氏

会場

亀戸文化センター(亀戸)
江東区亀戸文化センター5階 第1・第2研修室(江東区亀戸2−19−1 カメリアプラザ内)
江東区亀戸2-19-1(カメリアプラザ5F)
※会場案内図はこちらをクリック

 

受講料

無料

 

対象

労働者、その他関心のある方 

 

定員

60名
※定員に達した時点で、受付を終了させて頂きます。ご了承ください。

 

申込方法

電話、FAX、インターネットよりお申し込みいただけます。

定員に達したため受付は終了しました

※天災等による交通機関運行の影響により、セミナー開催を中止又は延期することがあります。

 

申込先

東京都労働相談情報センター亀戸事務所 事業普及担当
電話:03-3682-6321
FAX:03-3684-6026

ページのトップへ