施設設備を安全に運用して行くには、有資格者による専門的な知識、技能に基づく点検や簡易な修繕などの保全作業が必須とされています。  当科では、施設を利用する人に安全、安心を提供するために防災、防犯設備や空調・衛生・電気設備などの建築物の総合的な保全作業について、それぞれの保守点検などを実習を中心に知識、技能の習得を目指します。