【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > 職業能力開発 > 職業訓練(都立職業能力開発センター) > 科目案内 > 普通課程(有料の科目) > 機械関係(普通課程) > エンジニア養成科

エンジニア養成科

期間
2年
対象
概ね30以下
課程
普通(授業料等有料)
入校時期
4月
昼夜

アイコン:城南 大田校

普通課程 2年 (一般向け訓練)
高卒概ね30歳以下
生徒作品:京急2100系
生徒作品:京急2100系
 生徒作品:電動キックボード
生徒作品:電動キックボード
3次元CADによる設計
3次元CADによる設計
部品の製作
部品の製作
部品の組立および調整
部品の組立および調整
◇訓練科の概要◇
時代の進歩には新しいものを作ることが出来るエンジニアが必要です。この科目は新しいものを作り出すために必要な知識と技能を身に付け、メカニカルな部門でのエンジニアを目指す人のための科目です。構想設計、詳細設計、図面作成、加工、測定、組立、評価、原価管理などのものづくりエンジニアに必要な知識を、3DCAD、3Dプリンタ、現場で使われている工作機械、精密測定機械など実際現場で使われている機械を使いながら知識を身に付けます。
 訓練ではものづくり実習に多くの時間を割いており、実戦力を身に付けることを目的にした内容にしています。作るものは市販されているキットではなく自分達で考えたものを図面化し製作します。
 エンジニアとして必要なものづくりの基礎知識と実習を体験することによって、新しい製品を生み出していける人材の育成を目指します。
◇就ける仕事◇
☆機械設計技術者☆
製品の価値を決めるのは機械設計です。設計者の思いを製造現場に伝えるものが図面です。図面作成者はものづくり企業に必要不可欠です。今加工現場の知識と経験を持ち図面の基礎を身につけ設計できる人材が求められています。機械設計、開発設計などの仕事があります。
☆機械加工技術者☆
世の中に必要とされるものを工作機械で作ることができる人、作り方をコストに見合う方法で改善できる人が機械加工技術者です。世の中を便利にしている機械を作り出すことが出来る人。生産現場に必要不可欠な人材が機械加工技術者です。CAD・CAMを使用する技能者などの仕事があります。
☆組立・管理者☆
製品を作り納品するには製品を組立た後、製品を評価し要求精度と機能をを満たさなければなりません。それを評価、管理するにはものづくりの知識と管理する能力が必要です。製品の評価をする仕事、製品を均一な精度で作るために工程を管理する仕事、製造現場以外の営業などの仕事などがあります。
◇仕事に就いた後◇
☆就職3年目の先輩の言葉☆
修了実績がありません。
☆就職5年目の先輩の言葉☆
修了実績がありません。
◇取得できる資格等◇ ※印の資格は、資格のページの詳細をご覧下さい。
□資格:
技能士補[国:精密加工](技能照査合格者)※
特別教育修了証(アーク溶接、自由研削といし)※
□関連資格:
技能検定(機械・プラント製図、機械加工)※
機械設計技術者試験※ ほか

◇見学会やオープンキャンパスを開催しています。是非、ご参加下さい。

ページのトップへ