Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

トップ > 入校案内 > 科目案内 > 製パン科

製パン科

期間
1年
対象
身体障害者、精神障害者、発達障害者
課程
障害者の科目
入校時期
4月
昼夜

訓練科の概要

製パン科では、各種パンの製造作業(材料の混合、生地こね、醗酵、成形、焼成)と販売に関する知識を習得し、製パン関係企業への就職を目指します。

科目データ

科目名 製パン科
定員 10名(うち新規学卒5名程度)
訓練期間 1年
対象者 身体障害者、精神障害者、発達障害者
入校時期 4月 

訓練風景

スキルワーク科(製パンコース)授業風景

訓練内容

【1560時限】

区分 教科目名 標準時限数 訓練内容
学科 安全衛生 12 安全衛生、環境教育
食品製造概論 236 微生物概論、栄養学、食品化学、醗酵学、環境衛生および食品衛生、関連法規、測定法、材料、製パン機械の構造、製造原理および製造法
その他の学科 100 社会、体育
実技 社会生活スキル 120 コミュニケーション、グループワーク等
パン製造基本作業 572 製パン作業に必要な、測定・製品保存・機械操作・包装出荷の作業、基本となるパンの製造作業(ロールパン、食パン、フランスパンなどソフトなパンからハードなパンまで)
パン製造応用作業 320 各種パンの製作
(基本となるパンの製造作業から、あん等を包み込んだもの、生地に変化をつけたもの、装飾・仕上の異なるもの等)
その他の実技 200 安全衛生作業、総合作業、総合演習作業

製パン科の特徴

基礎から指導

幅広い製パン業界の要望に対応するため、手ごねなどの基礎から機械を使った作業まで丁寧に指導します。

充実した設備

実習で使う機械は、実際のお店で使っているプロの機械と同じ物が揃っており、実践的な訓練を受けられます。

作業中心の実習

週4日程度、年間にすると150回以上、実際にパンを焼きます。食パン、フランスパン、菓子パン、惣菜パン等100種類以上に及びます。また、焼き菓子なども含め、幅広い実習を受けられます。

就職に必要な訓練も充実

就職活動や就職後、事務に必要な文書作成や、一般マナーについても確認していきます。

主な就職先

パン製造業、パン卸売販売業、パン販売店、関連食品加工業

自己負担額(参考:金額は変更する場合があります。)

教科書代 無料
作業服代 約7,000円
その他、事故等に備える災害保険等の自己負担が生じる場合があります。

▲ページのトップへ