Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

東京都 東京障害者職業能力開発校

グラフィックDTP科

商業印刷物などをつくる
DTPオペレーターを目指す科目です

訓練科の概要

魅力的なポスターや広告が作れる技術者を目指します。
なにげなく撮った写真も画像修整や構図、配置を工夫すると魅力的なものに変わります。
思うままにデザインを編集するための基礎と理論を学びます。

科目データ

科目名 グラフィックDTP科
定員 15名(うち新規学卒5名程度)
訓練期間 1年
対象者 身体障害者、精神障害者、発達障害者
入校時期 4月

訓練風景

グラフィックDTP科訓練風景イメージ1 グラフィックDTP科訓練風景イメージ2

主な訓練内容

【1560時限】

区分 教科目名 標準
時限数
訓練内容
学科 印刷概論 188 デザイン、印刷の知識
その他 112 社会、体育、安全衛生
実技 DTP制作基礎作業 210 編集レイアウト
グラフィックデザイン作業 204 イラストの作成
画像処理実習 228 画像処理
グラフィックDTP作業 298 総合作業(編集レイアウト・イラスト・画像処理)
その他 320 安全衛生作業、社会生活スキル、総合演習作業 など

グラフィックDTP科の特徴

基本の理論から始めるので安心

印刷の理論から始まり、色や配色デザインの基礎を学びます。

プロが使うソフトで実践実習

印刷業界でよく使われるMacのDTPシステムで、画像修整の「Photoshop」、作図編集の「Illustrator」、編集レイアウトの「InDesign」使って学習するから、即戦力への近道です。

作品集で有利に運ぶ就職活動

実習で丹精込めて作った作品(ポートフォリオ)を持ち、企業の面接に臨むことで実力をアピールできます。言葉を尽くすより、ずっと効果的であることは間違いありません。

取得を目指す資格

DTP技能検定

主な就職先

印刷・製版会社、印刷関連会社、デザイン会社、企業広報部門 など

自己負担額

教科書代 無料
その他、事故等に備える災害保険等の自己負担が生じる場合があります。

▲ページのトップへ