Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

トップ > 入校案内 > 委託訓練

委託訓練

委託訓練とは

障害者委託訓練とは、(公財)東京しごと財団がハローワークと連携して実施する障害のある方のための多様な職業訓練です。障害のある方が仕事をする上で役立つ知識や技能を身につけることを目的に、企業、民間教育機関、社会福祉法人、NPO法人等、様々な機関に訓練を委託して実施しています。

訓練コースの種類

【知識・技能習得訓練コース】・・・就職に必要な知識・技能の習得を目指します。
【障害者向け日本版デュアルシステム】・・・就職に必要な知識・技能の習得に加え、職場実習を一体的に行い実践的な職業能力の習得を目指します。
【実践能力習得訓練コース】・・・実際の職場環境を活用した実践的な職業能力の習得を目指します。
【e・ラーニングコース】・・・都内在住で訓練施設まで通所が困難な障害者等を対象に、在宅でインターネットを通じてIT技能の習得を目指します。
【在職者訓練コース】・・・企業等で働いている障害者の方(都内在住または在勤の方対象)が雇用の継続と職域拡大を目的として必要な技能のスキルアップを目指します。(勤務先の承認が必要)

訓練の対象者

【求職者向け】
<知識・技能習得訓練コース>  <障害者向け日本版デュアルシステム> <実践能力習得訓練コース>
◆以下の①②③④⑤すべてに該当する方 
 ①・身体障害者手帳、愛の手帳(療育手帳)、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方
  ・知的障害、精神障害、発達障害、高次脳機能障害、難病等があり、公的な判定書(意見書、診断書)、難病指定の医療受給者証等をお持ちの方
 ②居住地管轄のハローワークに求職登録を行い、訓練受講の推薦を受けた方
  (中途障害等で休職中の方は要相談)
 ③職業訓練を通じて就職しようとする意思のある方
 ④障害の症状が固定もしくは安定しており、訓練受講に支障のない方
 ⑤訓練施設まで通所ができる方
<e-ラーニングコース> 
◆上記①から④の要件に加え、都内在住で訓練施設への通所が困難な障害者等の方

【在職者向け】 
<在職者訓練コース>
◆上記①の要件に加え、
 ・都内在住または都内在勤の方 ・雇用の継続が見込まれる方 ・勤務先の承認が得られる方
 ※訓練修了1ヶ月後に、勤務先に雇用継続の確認をいたします。

受講料

・受講料は無料です。訓練手当、昼食代、交通費等の支給はありません。
 (e-ラーニングコース)は通信費、補助教材費は自己負担となります。

受講を希望する方

・申込みは居住地管轄のハローワーク(障害者職業相談の窓口)にて相談の上、お申し込みください。

  

委託訓練に関する問い合わせ先

(公財)東京しごと財団 障害者就業支援課 委託訓練推進班
電話 03-5211-2683  FAX 03-5211-2680