就職差別解消促進月間

~なくそう就職差別、問われる企業と社会の人権感覚~

 就職は、生活の安定確保や労働を通じた社会参加など、人間が幸せに生きていく上で基本となるものです。このため、採用選考は、応募者の適性と能力に基づき公正に行われなければなりません。

 しかしながら、面接時に本籍地や思想・信条等を聞くなど、就職差別につながるおそれの強い事例が現在もあります。

 東京都では、6月を「就職差別解消促進月間」とし、国等(東京労働局、ハローワーク、区市町村)と連携して、様々な啓発活動を展開しています。

平成30年度就職差別解消促進月間のお知らせ

 平成30年度の取組を以下のとおり予定しています。

 就職差別など企業内における人権問題について、是非一緒に考えてみませんか。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

講演と映画の集い

主催

  東京都、東京労働局、ハローワーク

日時

  平成30年6月21日(木)午後1時30分から4時30分まで(予定)
  無料・当日先着順受付(定員1000名)

場所

  冲永(おきなが)記念ホール(帝京平成大学内:豊島区東池袋2-51-4)

※ この講演会のお問い合わせは、産業労働局労働環境課(03-5320-4649)まで


人権啓発映画会

主催

  公益財団法人東京都人権啓発センター

日時

  平成30年6月25日(月)午後1時30分から4時45分まで
  無料・事前申込制(定員300名)
 
  ※ 定員になり次第、申込受付は終了します。
     申込みの受付開始については、(公財)東京都人権啓発センターHP
   (http://www.tokyo-jinken.or.jp/event/ev_movie_index.html)等にてお知らせします。

場所

  台東区生涯学習センター 2階ミレニアムホール(台東区西浅草3-25-16)

※ この映画会のお申し込み・お問い合わせは、(公財)東京都人権啓発センター(03-6722-0085)まで


*上記のほか、区市町村や経済団体への広報協力要請、啓発ポスターの掲出等を実施します。

*講演内容や上映映画等の詳細については、決定次第お知らせします。

  

平成29年度就職差別解消促進月間「講演と映画の集い」を開催しました

 平成29年6月、共立講堂(千代田区)にて「講演と映画の集い・雇用主研修会」を開催し、企業の人事労務担当者など1580名が参加しました。 

 はじめに、資生堂ジャパン株式会社人事部の岡内 伸二氏による講演「企業と人権~人権問題の今~」を行いました。
 岡内氏は、企業にとっての人権について様々な角度から説明し、自社の取組を紹介するとともに、偏見や差別を解消するためには固定観念に捉われないことが大切であると述べました。

 休憩を挟んで、映画「人権啓発は企業にどんな力をもたらすのか」を上映しました。
 この映画は、企業で働く人が人権の視点を取り入れて仕事に関わっていくことが企業にどのような力をもたらすかということを、ドラマ形式で事例を取り上げながら考えていく内容でした。

 最後に、ハローワークが「公正採用選考について」の講義を行い、終了しました。

  

  日時:平成29年6月8日(木)

  会場:共立講堂(共立女子大学)

  チラシはこちらをご覧ください
  
     H29就職差別解消促進月間事業チラシ          H29講演写真                                                

 

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
労働環境課 雇用平等推進担当
電話:03-5320-4649