【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > 福利厚生・心の健康 > 中高年勤労者福祉推進員

中高年勤労者福祉推進員

東京都中高年勤労者福祉推進員(ライフプランアドバイザー)制度のご案内

ライフプランアドバイザー(東京都中高年勤労者福祉推進員)とは?

人生80年時代となった今日、"心豊かで充実した人生を"と誰もが願っています。
中高年勤労者が、ゆとりある豊かな第二の人生を送るためには、在職中から退職後の生涯生活設計の準備を進めていくことが必要です。
「ライフプランアドバイザー(東京都中高年勤労者福祉推進員)」は、事業所等で退職後の生活設計の指導・助言を行い、退職を控えた勤労者の福祉の向上に努めています。
東京都では、このライフプランアドバイザーを養成するための講座を開催しており、これまでに多数の方がこの講座を修了しています。

「ライフプランアドバイザー」はどのような活動を行うの?

養成講座で学んだ知識を生かし、職場において退職後を見据えた事前の準備をお手伝いすることで、社員の皆さんのシニアライフをより豊かなものにする活動を進めていきます。

  1. 生活設計や悩み事の相談・助言などのカウンセリング
  2. 退職者等に対する相談などのアフターケアを行うこと
  3. 事業所内に生活設計や退職準備のプログラムを導入、実施すること

ライフプランアドバイザーはこれらの業務を事業所等で行い、退職を控えた勤労者の生涯生活設計をサポートしています。

「ライフプランアドバイザー」になるためには?

東京都では、ライフプランアドバイザーを養成するため、年1回、養成講座を開催しています。
全7日間の日程で、中小企業等の(1)事業主(2)人事・労務担当者(3)労働組合担当者等を対象に実施しています。
講座の修了者(13科目中11科目以上を修了した方)には、東京都知事名の修了証書を授与します。

(注) ライフプランアドバイザー(東京都中高年勤労者福祉推進員)は資格ではありません。
講座を修了しても、東京都が仕事をあっせんすることはいたしません。

    

―講座カリキュラム―
科目
中高年問題とライフマネジメント キャリア開発
生涯経済プラン 健康管理
法律 カウンセリング
税金 メンタルヘルス
年金(Ⅰ・Ⅱ) ライフプランの進め方・展開
介護・家族・地域 総合的なライフプランニングに向けて

平成28年度東京都中高年勤労者福祉推進員(ライフプランアドバイザー)養成講座のご案内へ

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
労働環境課 勤労者支援担当
電話:03-5320-4653