【東日本大震災関連情報】              【インターネット申込フォームについて】                   

■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援     ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

トップページ > 両立支援・雇用環境整備 > 非正規労働者雇用環境整備支援事業 > モデル企業 > 株式会社ニューコン工業

非正規労働者雇用環境整備支援事業

企業名

写真:株式会社ニューコン工業

株式会社ニューコン工業

所在地  : 江戸川区中央1-8-15
業 種 : 事務機器の開発・製造・販売
資本金 : 2,200万円
従業員数 : 42人(うちパート8人)
企業URL : http://www.newkon.co.jp
                          (2008年6月現在)

 

教育訓練制度の整備

パート社員の教育訓練体系を定めたうえ、毎年所属長がパート社員の技能を5段階評価し、その結果をOJT等で技能の向上に活かすなど、教育訓練制度を整備しています。

健康診断の実施等

健康診断を法定義務のない短時間のパート社員に実施しており、慶弔規定や親交会等の福利厚生についても、正社員と同様の扱いをしています。

賞与・退職金の支給等

パート就業規則を整備し、賞与・退職金の支給を行っています。 パート社員が自らの力量や知識を把握し、それに添った形でのOJTが行われるため、パート社員自身が向上心、達成感、安心感を感じることができ、全社員一体感を保ちながら業務を行っています。

(2007年3月27日モデル企業指定)

 

トップインタビュー

写真:株式会社ニューコン工業次長

"仕事と家庭の両立"を目指し「働きやすさ」と
「やりがい」を共に実現

株式会社ニューコン工業
財務推進部 次長  山口 芳幸 さん

 

 

 

 

 

ISO9001の品質管理マニュアルにパート社員の教育制度なども明記

今年で創業89年目を迎える株式会社ニューコン工業。時代に先駆けた「パーフォレータ」の製造販売で業績を伸ばし、その製造で培った技術を"パンチ"と呼 ばれる穴明け機の開発に応用。製造から販売まで一貫して自社で行い、業界のリーディングカンパニーとしての地位を築いてきた。特に、官公庁や税務署、金融 機関などが、書類の改ざん防止目的にも使用する「打抜機」や「契印機」といった特殊事務機器に関しては、国内シェア約7割。世界各国へ輸出もしており、ま さに"モノづくり国ニッポン"を象徴する老舗メーカーだ。

そんな同社の根幹を支えているのが、主婦を中心とするパート社員たちである。「"人・物・金"のな かでも、"人"は何よりも重要。だからこそ、雇用形態に関わらず、優秀な人材が長く勤められる環境をつくりたい」という社長の思いから、同社は数十年以上 前から、パート社員の労働環境整備にも力を入れてきた。

一方で品質管理レベルの向上にも力を注ぎ、2002年にはISO9001の認証を取得している。こ こで特徴的なのは、全従業員40人以上のうち、パート社員は10名未満であるにもかかわらず、給与体系や福利厚生はもちろんのこと、正社員と同様の教育シ ステムや評価方法まで一括して整備したことだ。

またISO9001の認証取得にあたっては、コンサルタントのサポートを受けるのが一般的だが、同 社は外部の手を借りず、マニュアルの作成、申請などすべてを自社で行った。こうした側面からも、ニューコン工業が製品のクオリティや職場環境の改善を重要 な経営課題と捉え、社として積極的に取り組みを進めていることが見て取れる。

 

業務評価、教育制度と処遇のより緊密な連動も視野に

「製品は、すべて自社工場で製造しています。製品の種類や製造工程によって課が分かれており、一つの課には3~8名が在籍。課によっても異なりますが、所属長以下、ほとんどがパート社員で成り立っているところもあります」

財務推進部の山口芳幸次長がそう説明するとおり、同社にとってやはりパート社員は欠かせない戦力だ。

こうしたパート社員たちに、仕事に対する意欲とやりがいを持ち続けてもらうために重要なのが、先に も述べた公平な人事制度と教育制度である。同社では、ISO9001の認証取得に合わせ、業務評価シートを作成。「知識取得意欲」や「組立手順の正確さ」 といった評価項目を5~6個設け、年に一度、所属長が評価するという仕組みを整えた。社員やパートといった雇用形態に関係なく、同じ基準で評価される。

教育制度に関しても同様で、習得すべき項目を明確化し、業務シートを作成。所属長が一人ひとりの業務習得状況をチェックし、OJT研修を行うなかで、評価をフィードバックしていく。

「現在のところ、パートさんに関しては、勤続年数に応じた時給アップが昇級のベースにはなっています。しかし将来的には、業務評価、教育制度と処遇を連動させ、能力、意欲がある人たちに応えていきたいと考えています」

 

仕事と家庭の両立という基本的なニーズに真摯に対応

現在、同社で働くパート社員の多くは地元の主婦である。短くても3年、長ければ10年以上の勤続年数となり、他の工場と比較してもパート社員の定着率は高い。山口次長は、この背景について次のように説明する。

「仕事と家庭の両立──。基本的なことではありますが、このニーズに最大限応えていることが受け入 れられているのだと思います。パートさんのなかには、小さいお子さんをもつ主婦が多いので、当社では"ワーク・ライフ・バランス"という言葉が使われるよ うになるずっと前から、子育てしながら仕事を続けられる職場を目指して取り組んできました」

その取り組みのひとつが、2種類の勤務形態から選択できる人事制度だ。

通常の始業時間は8時15分からだが、パート社員の場合、保育園・幼稚園などの送迎時間に配慮し て、9時始業が認められている。このほか、子どもの急な発熱や学校行事への出席といった理由により、一時退席および早退をしなければいけないときも、気兼 ねなく申し出られるような企業風土ができあがっている。

労働政策研究・研修機構が、女性無業者に対して行った調査結果によると、「利用できれば仕事を続けられた」と考える支援措置として、「短時間勤務(61.8%)」「繰上・繰下勤務(58.2%)」「所定外労働免除(56.4%)」が挙げられている。

この調査結果からも分かるとおり、子育てをしながら働きたいと考える女性が、企業に望む支援制度のほとんどを、ニューコン工業は実現しているといえるだろう。

主婦などがパート職員として働きやすい職場をつくるのに、「この制度さえあれば絶対」というような 特別な施策は存在しない。働く人の立場に立って、基本的な取り組みを重ねていくのが結局は一番の近道だ。さまざまな取り組みに加え、規程として定めがない が、職務功績を評価し、パート職員への賞与、退職金支給など支給実績のある同社は、その意味で、大いに参考になる好例のひとつと言えそうだ。

 

従業員の声

写真:株式会社ニューコン工業社員

アットホームで柔軟な勤務体系と
全体を見渡した仕事ができるのが魅力

生産推進部 組立三課
岡田さん(入社5年目)

生産推進部 組立三課
高橋さん(入社4年目)

 

岡田さんと高橋さんは、生産推進部 組立三課にて、パンチングマシーンの組立作業を行っている。同課は、部長を筆頭に5名の従業員で構成されており、そのうち3名がパート社員だ。

高橋さん:小学生と保育園に通う子どもがいるので、入社当時から時短勤務(9時始業)を選択させて もらっています。うちの会社には子育てしながら働いている方が多いので、「子どもが熱を出してしまって。すみません」なんてことになっても、みんな理解し てくれるから働きやすいですね。

岡田さん:私の場合、子育ては一段落しましたが、小さいうちは大変だったので、高橋さんの苦労はよ く分かります。じつは、うちの課の部長にも、小さいお子さんがいるんです。だから、自分のことのように心配してくれますし、みんなで助け合いながら、うま く仕事と家庭を両立しています。

高橋さん:それに、社会保険加入や福利厚生等も整っているので、ママさん友だちからは「恵まれていて、いいわね~」なんて羨ましがられているんですよ。仕事内容に関していえば、"モノづくり"の楽しさが、やりがいにつながっています。

岡田さん:作業工程を覚えるまでは大変でしたが、慣れてくると、製品のことや部品のことも分かってきます。部分的な仕事でなく、さまざまな部品を組み立て、自分で一から製品を完成させられるのが大きなやりがいです。

高橋さん:入社当初は、部長や岡田さんにていねいに教えてもらいましたが、いまではすべての行程を任せてもらえるようになりました。自分の成長を感じられる点も、長く続けられる要因ですね。

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
労働環境課 雇用平等推進係
電話:03-5320-4649