【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > 両立支援・雇用環境整備 > 公正な採用選考に向けて > 就職差別解消促進月間

就職差別解消促進月間

 就職は、生活の安定や労働を通じた社会参加など、人間が幸せに生きていくうえで基本となるものです。このため、採用選考は、応募者の適性と能力に基づき公正に行われなければなりません。

 しかし、就職差別につながるおそれの強い身元調査事件や、面接で本籍地や思想・信条等を聞く事例があります。

 東京都では、6月を「就職差別解消促進月間」とし、国等(東京労働局、ハローワーク、区市)と連携して、さまざまな啓発活動を展開しています。

講演と映画の集いを開催しました

  

  平成28年6月、オリンパスホール八王子にて「講演と映画の集い・雇用主研修会」を開催し、企業の人事労務担当者など826名が参加しました。この講演会は、例年、23区内で実施されてきましたが、今年は初めて八王子で開催されました。

 はじめに、りそな銀行人材サービス部アドバイザーの関根昭之氏による講演「企業と人権~企業にとって人権って何だろう?~」が行われました。関根氏は、「『人権』は、抽象的なものではなく、『誰の何の権利』が問題になっているのかを具体的に考えることが大切である」「採用選考では、応募者の基本的人権を尊重し、『その質問で傷つく人がいるかもしれない』という想像力が必要」「企業には人権を尊重する責任がある。より積極的に人権にかかわることで、プラスの影響があり、企業価値の向上や競争力の強化が図られる」と述べました。

 休憩を挟んで、映画「フェアな会社で働きたい」が上映されました。新人の女性が、社内のさまざまな事例(女性、障害者、外国人など)に出会いながら、人権を尊重することの大切さについて学んでいく内容でした。

 最後に、ハローワークから「公正採用選考について」の説明が行われ、終了しました。

  

  日時:平成28年6月23日(木)

  会場:オリンパスホール八王子(八王子市民会館)

  チラシはこちらをご覧ください
  
    就職差別解消促進月間のチラシ                    講演と映画の集い 写真                                                  

 

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
労働環境課 雇用平等推進担当
電話:03-5320-4649