【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > 両立支援・雇用環境整備 > 公正な採用選考に向けて > 就職差別解消促進月間

就職差別解消促進月間

 就職は、生活の安定確保や労働を通じた社会参加など、人間が幸せに生きていく上で基本となるものです。このため、採用選考は、応募者の適性と能力に基づき公正に行われなければなりません。

 しかしながら、面接時に本籍地や思想・信条等を聞くなど、就職差別につながるおそれの強い事例が現在もあります

 東京都では、6月を「就職差別解消促進月間」とし、国等(東京労働局、ハローワーク、区市町村)と連携して、様々な啓発活動を展開しています。

講演と映画の集いを開催しました

  

 平成29年6月、共立講堂(千代田区)にて「講演と映画の集い・雇用主研修会」を開催し、企業の人事労務担当者など1580名が参加しました。 

 はじめに、資生堂ジャパン株式会社人事部の岡内 伸二氏による講演「企業と人権~人権問題の今~」を行いました。
 岡内氏は、企業にとっての人権について様々な角度から説明し、自社の取組を紹介するとともに、偏見や差別を解消するためには固定観念に捉われないことが大切であると述べました。

 休憩を挟んで、映画「人権啓発は企業にどんな力をもたらすのか」を上映しました。
 この映画は、企業で働く人が人権の視点を取り入れて仕事に関わっていくことが企業にどのような力をもたらすかということを、ドラマ形式で事例を取り上げながら考えていく内容でした。

 最後に、ハローワークが「公正採用選考について」の講義を行い、終了しました。

  

  日時:平成29年6月8日(木)

  会場:共立講堂(共立女子大学)

  チラシはこちらをご覧ください
  
     H29就職差別解消促進月間事業チラシ          H29講演写真                                                

 

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
労働環境課 雇用平等推進担当
電話:03-5320-4649