【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

トップページ > 両立支援・雇用環境整備 > 東京都いきいき職場推進事業 > 東京ライフ・ワーク・バランス認定企業

東京都いきいき職場推進事業

東京ライフ・ワーク・バランス認定企業

※平成28年度の募集は終了いたしました。

平成27年度の認定企業についてはこちらをご覧ください。

東京都では、従業員が生活と仕事を両立しながら、いきいきと働き続けられる職場の実現に向けて優れた取組を実施している中小企業を「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」として広く都民に公表しています。

「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」に応募すると...

  • 書類審査を通過した企業には、コンサルタントを派遣します。

※ コンサルティングは取組内容の調査と併せ、専門家が実施いたします。

「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」に選定されると...

  • 認定企業の取組内容を紹介する「PR用DVD及びリーフレット」を都が作成します。
  • 認定企業の取組を東京都産業労働局雇用就業部ホームページ「TOKYOはたらくネット」に掲載し、その他東京都における各種広報にて広く公表します。
  • 認定企業の取組について、平成29年2月(予定)に実施する「ライフ・ワーク・バランスフェスタ東京2017」において、認定企業ブースで各企業のPRを行います。
  • 東京都が発注する工事の入札のうち、総合評価方式において、加点事由となる場合があります。

認定企業は部門ごとに選定し、合計13社程度選定します。

これまでに認定された企業の概要はこちら

認定企業意見交換会の様子はこちら


≪過去の認定企業≫

ページのトップへ

応募部門

応募対象

都内に本社又は主たる事業所を置き、常時雇用する従業員の数が300人以下の企業、社団法人、財団法人、NPO法人等が対象です。

応募部門

下記6部門について、認定を希望する部門に応募していただきます。

  • 複数部門への応募も可能ですが、認定は1団体につき1部門のみとなります。複数部門へ応募される際は、申請書にそれぞれに特徴的な取組を盛り込むようにしてください。
  • すでに認定された団体は、認定部門と同一の部門への再応募はできませんが、認定されていない部門への応募は可能です。
  • 過年度「育児・介護休業制度充実部門」に認定された団体は、「仕事と育児の両立推進部門」、「仕事と介護の両立推進部門」へご応募いただくことはできません。

長時間労働削減取組部門

年間総労働時間や所定外労働時間など、長時間労働の削減に向けて取り組む職場

取組例

  • 管理・監督者に対する意識啓発
  • 会議の効率的運営
  • 労働時間管理に対する研修
  • 業務簡素化等、業務の見直し
  • 定時退社デー等、一斉定時退庁日 など

休暇取得促進部門

年休取得促進の仕組みづくりや新たな休暇制度の設定など、休暇取得促進に向けて取り組む職場

取組例

  • 年休計画取得制度
  • 年休連続取得制度
  • 年休取得促進月間の設定
  • 年休低取得率者のフォロー
  • ボランティア休暇
  • アニバーサリー休暇 など


仕事と育児の両立推進部門 

仕事と育児の両立について、法律以上の制度導入や充実に向けて取り組む職場

取組例

  • 休業前から復職まで制度利用者をサポートするための仕組みの構築
  • 休業した社員の円滑な職場復帰に向けた教育訓練機会の提供
  • 代替要員の確保など、制度利用者の不在を職場でカバーする体制の整備
  • 管理職を対象にした社員の両立支援の重要性に関する研修の実施 など

仕事と介護の両立推進部門 

   仕事と介護の両立について、法律以上の制度導入や充実に向けて取り組む職場

   取組例

  • 休業前から復職まで制度利用者をサポートするための仕組みの構築
  • 休業した社員の円滑な職場復帰に向けた教育訓練機会の提供
  • 代替要員の確保など、制度利用者の不在を職場でカバーする体制の整備
  • 管理職を対象にした社員の両立支援の重要性に関する研修の実施 など


多様な勤務形態導入部門

育児や介護に関わらず、ライフステージに応じ、仕事と生活の両立に向けて多様な勤務形態が導入されている職場

取組例

  • フレックスタイム
  • 在宅勤務(テレワーク)
  • 短時間正社員制度の導入
  • 業務時間のシェア → 1日の業務時間を2人制のローテーションで組む など

職場における女性の活躍促進部門 

   男女の役割分担意識にとらわれず、女性が活躍できる環境づくりを積極的に行っている職場

   取組例

  • 社内アンケートや意識調査の実施、推進組織設置等の社内体制整備
  • 女性の職域拡大に向けた採用・配置・昇進の見直し
  • 育児・介護休業制度等の拡充による女性の勤続年数伸長に向けた取組
  • 女性社員向けキャリアデザイン研修や管理職向け研修の実施 など

ページのトップへ

応募方法・認定までの流れ

1 応募書類の提出

募集期間
平成28年4月26日(火曜日) から7月8日(金曜日) まで

ご応募は郵送で承ります。下記の応募書類をご提出ください。
※応募書類は電子データでも(電子メール宛先: S0000444(at)section.metro.tokyo.jp)ご提出ください。

  ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
   お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
  • 申請書(様式1)
  • 労働関係法令等チェックリスト(申請書別紙1の1)
  • 要件該当申告書(申請書別紙1の2)

    チラシ・実施要領・各種様式

    応募手続の詳細や書類の記入方法等、詳しくは「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業募集要項」及び「申請書(様式1)記入例」に
    記載されています。必ずご覧ください。

    応募先
    〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎31階
    東京都 産業労働局 雇用就業部 労働環境課 雇用平等推進担当

 矢印

2 審査

期間:平成28年7月8日(金曜日) から11月まで

学識経験者及び有識者で構成される「東京都いきいき職場推進事業認定企業審査会」において厳正かつ公正に審査します。

  • 取組内容審査(書類審査)※書類審査を通過した企業にはコンサルティングを実施します。
  • 訪問審査(外部専門家の訪問調査による審査)

矢印

3 認定企業発表

平成28年11月(予定)

認定企業は部門ごとに選定し、合計13社程度選定します。

 矢印

4 認定企業取組紹介DVD制作

取組内容を紹介するDVDや、企業のリーフレット等を東京都が作成いたします。

 矢印

5 ライフ・ワーク・バランスフェスタ東京2017(認定状授与式)

平成29年2月(予定)

認定状授与式を行います。また、企業のブース等を設置し、各企業をPRします。


◎コンサルティング

書類審査を通過した企業(30社程度)に対し、専門家が実施いたします。

(実施内容)
・訪問調査において各企業の取組のウィークポイントをピックアップします。
・各企業に最も適したアドバイス、提案等を実施します。

※ コンサルティングの結果は、後日通知します。
※ コンサルティングの結果は、審査に直接影響するものではありません。

ページのトップへ

チラシ・実施要項・各種様式

   本事業のリーフレットはこちらからダウンロードできます。

   

   企業募集リーフレット   (3242KB)

         

   実施要領・各種様式等はこちらからダウンロードできます。

様式等名ダウンロード
東京ライフ・ワーク・バランス認定企業募集要項

募集要項.pdf


(173KB)

申請書(様式1)

申請書.pdf


(188KB)

申請書.docx
(87KB)

申請書(様式1)記入例
記入例(長時間労働削減取組部門).pdf
(303KB)
記入例(職場における女性の活躍推進部門).pdf
(331KB)

労働関係法令等チェックリスト(申請書別紙1の1)

チェックリスト.pdf


(177KB)

チェックリスト.xlsx
(62KB)

要件該当申告書(申請書別紙1の2) 申告書.pdf

(48KB)



申告書.xls


(33KB)

従業員(又は労働組内等)の意見書(申請書別紙2)

意見書.pdf


(99KB)

意見書.doc
(50KB)
東京ライフ・ワーク・バランス認定企業
各部門 取組参考事例
取組例.pdf
(133KB)
東京ライフ・ワーク・バランス認定企業Q&A Q&A.pdf


(133KB)

PDFファイルをご覧になるには下記のソフトが必要です。

必要に応じてダウンロードしてください。

Acrobat Reader ダウンロードサイト

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
労働環境課 雇用平等推進担当
電話:03-5320-4649