データシート

IDフリガナオオミナミ ユキヒロ 性別生 年更新年月日連絡先
10058氏名大南 幸弘 1926 2002/04/01 各労働相談情報センター 
勤務先名称大南経営労務アドバイザリーオフィス 役職等所長 
専門分野  ・労働経済全般(中小企業問題)
  ・労働法(労働法一般、派遣労働法、パート労働法)
  ・労務管理(人事労務管理、賃金・退職金制度、労働時間管理、福利厚生、人材育成制度・人材育成・能力開発)
  ・労働問題(賃金・退職金制度、外国人労働問題)
  ・職業能力開発(その他)
  ・女性労働(女性労働法、女性雇用管理、セクシュアルハラスメント)
  ・社会保障(雇用保険・労災保険)
  ・安全衛生(労働安全衛生一般、労働災害、メンタルヘルス)
技能の概要 
関心事項  ・人事労務に関するリスクマネージメント(リストラ、個別の労使紛争、ベンチャービジネスにおける人事労務管理制度の構築、労働災害の防止)
  ・セクシャルハラスメント・アファーマティブアクション
  ・労災保険審査請求
資格など  ・コンサルタント
  ・社会保険労務士
  ・心理相談員
  ・PRM=プランナーオブリスクマネージメント
所属学会、
団体など
  ・ビジネスキャリア制度修了認定試験問題作成委員会(93年5月)
  ・これからの賃金制度のあり方に関する研究会(94年4月〜95年3月)
  ・婦人雇用管理ハンドブック編纂委員会(83年7月〜86年3月)
講師実績  ・人事管理のリスクマネージメント: 三鷹労政事務所(94年11月)
  ・人事管理のリスクマネージメント: 渋谷(95年6月)
  ・混迷時代の中小企業における週40時間労働制: 王子労政事務所(95年10月)
  ・中小企業における労務管理: 東京都中小企業団体中央会(98年12月)
  ・法違反とならない新労働時間管理: 総合労働研究所(01年11月)
著作、論文  ・中小企業のための人事労務診断ハンドブック(95年、日本経済新聞社)
  ・-相談-行方不明社員の妻による退職届と退職金受給は無効(労政時報3282号)(96年、労務行政研究所)
  ・-相談-問題ある社員の試用期間を個別に延長できるか(労政時報3316号)(97年、労務行政研究所)
  ・労使慣行―こうすれば是正できる(ビジネスガイド4月号)(97年、鞄本法令)
  ・知っておきたい労働法の実務−労使慣行−(労政時報3380、3381号)(99年、労務行政研究所)
一 言労使紛争などのリスクを回避するポイントは、労働関係の信頼できる専門家と早めに相談すること。 
  
戻る

  労働相談情報センター各事務所
  職業能力開発センター・校・分校
  雇用就業部能力開発課技能評価担当03-5320-4717
  雇用就業部能力開発課地域人材育成係03-5320-4719
  雇用就業部労働環境課雇用平等推進係03-5320-4649